最近はコロナ禍の影響もあり
あまり聞かなくなったフレーズですね(´・ω・)

就業後や公休日に
職場の人達と飲んで喋るという

一見、楽しそうで そうでもない行事

「就業時間外はプライベート時間」

という考え方が増えてきて
業務連絡以外ではコミュニケーションを図る必要性を感じない人が増えてきたのでしょうか??

職場でも、気の合う人がいれば
帰り道に飲みに立ち寄るだろうし
休日でも一緒に飲むだろうし

それは一緒に飲んで食べるのが
楽しいからであって、仕事 ではないからなのでしょうね。

上司から誘われれば
断りにくい(断れない)という
そんな風潮は今もあるのでしょうか?

先約があっても
プライベート時間を削ってまでも
上司の誘いを受けるのが 正解 なのでしょうか?

そんな風に思ってしまう私は
出世願望が無いから??


何が言いたいかって、

部下から誘われる上司になれば良い

のでは!?


今の世の中
誘い方を間違えれば
パワハラと言われかねない
恐い世の中ですからね(^-^;

何も言えない時代になってきましたね

受取り側がどう思うか

慎重に言葉を選ばなければ
会話できない
だから話さない
自己防衛にはなりそうです


お酒の場は無礼講(飲まなくても!?)

飲んだ勢いで(その場の雰囲気で)
つい本音をポロリしたり
普段 言いたくても言えない事を
ポロリしたり

飲みニケーション
多少あっても良いのかしら



最後まで読んでいただきありがとうございますm(_ _)m

 | ホーム |