秋希の手記

涙がでてきた

このドキュメントを見て…
 

『看護師たちの限界線
新型コロナ集中治療室』


第四波が
又、私達 人間を苦しめる


疲弊している看護師の為に
コロナ病棟へ
仕事を復帰する退職者、休職者の方達


一人でも多くの人を助けたい
そういう気持ちでいてくれる
看護師さん達には本当に本当に
頭が上がらないです。

感謝しかないですよね。

病院への往復のみで
家族や友人にも会えない。

ストレスや疲れ…

この状況はいつまで続くのか

環境とか制度とかが追いつく前に
患者だけは、増えていってしまう

限界きてしまうよね
医療従事者の方々も…

家族も心配が耐えないですよね

追い詰められていないか?
精神的に大丈夫なのか?

心配で心配でならないと思う。


看病しても看病しても
亡くなっていく人を見て

報われないことで
心が折れていくだろう

私のこと触れますか?って
患者さんに言われ
涙を流す看護師さん。

辛い…
私は何やっているのかなって
涙を流していました。

自分のしたかった患者さんへの
向き合いかたができないことへの葛藤…

でも触れられないのは
仕方ないことなのに…。

このままだと私は看護師を続けられないと

そういうジレンマに悩み退職される人も。


いつまで続くのか…

終わりのみえないコロナ…

いつになったら医療従事者さんの
大変さがなくなるのだろう…

そう、考えてしまう、秋希です。


TOPに戻る

お店に電話

在籍女性を見る

 | ホーム |