秋希の手記

お祝い事や出会いの多い春

特別な食事のときするものと
言えば、「乾杯」です。


もともとは毒見だった!?

突然ですが、「乾杯」はいつから行われていたと思いますか?

その歴史は深く、古代ギリシャ時代にさかのぼります。

実はこの「乾杯」は、
まず自分が
飲む姿を見せてから
お客様にも勧めるのが流儀。

今のように平和でなかった時代は、
ワインに毒を入れて殺害するという
事件も多くあったため、
まずは毒見を兼ねて自分が飲んで見せ、安全性を示す必要があったのだとか。

それが由来だなんて
びっくりしました。


でも今は楽しく飲むために
乾杯しますよね!



ラッキーな「乾杯」の仕方が
あるそうです。

やりかたは簡単。
まずワインは右手で注ぎます。
また、テーブル内で人から人へ
ワインボトルを回すときは、
時計回りにするのが良いとのこと。

アルコールを飲まない方は、
ノンアルコールのドリンクにワインを
一滴たらすのがおすすめ。

お水で乾杯をしているという人もいるかもしれませんが、

水で乾杯するのは不幸を呼ぶという考え方もあるんだとか。


そんな時は、むしろ何も入れずに
空のグラスで乾杯したほうが
いいそうですよ!

おいしいおつまみで「乾杯」を
英語で「乾杯」を表す
「トースト(toast)」は、

ワインの風味を高めるため、
焼いたトーストを一切れワインの中に入れる習慣があったことから、
そう表記されるようになったという
説があるそうです。



今は乾杯~って
声を出しては騒げないけど…


又いつか
乾杯して楽しみたいなと
思っている秋希でした。


TOPに戻る

お店に電話

在籍女性を見る

 | ホーム |