秋希の手記

今日は、3月11日

東日本大震災

忘れることができないこの日…



あれから10年…


幸い私の知人や親戚は
大丈夫でしたが

沢山の被害…
そして
沢山の大事な人との
別れがあった日ですよね。

震災の映像が
ここ何日かテレビで入っていましたが
見ていて
心が本当に痛くなりました。

被害があった人への
聞き込みにより
今まで明かされていなかった
色んな話が聞けました。


ここで避難していれば大丈夫!
それではすまされなかったこと…

ある人の行動により
沢山の命が助かったことなど…


地震があったら、大丈夫だと思わず
何かしらへんだと思ったら
即行動するべき

命がなにより大切です。


誰もが
あれほどの津波が押し寄せてくるなど
考えもしなかったと思います。


亡くならなくてもよかった命、

早く避難していれば
助かった命、

自然の力がこんなに怖いものだと
痛感しました。

東日本大震災は
忘れてはならない
風化してはいけない出来事です。


海が近い地域では
うちの所は大丈夫!

だと思わず即行動してほしい。


なにもなければそれでいいのだから…


地震があるたび
考えてしまう秋希でした。




私は宮城県の友人に言われました。

大丈夫だと思わわず
ちゃんと必要最低限なものは
備えておいた方がいいよと…


皆様も
備えておいて下さいね。



秋希でした。


読んで下さってありがとうございました

 | ホーム |