秋希の手記

「後悔するのは我慢した時じゃなく
我慢できなかったことだ」


この言葉を本で読んで


そうか
そうなんだって思いました。


なんだか
この言葉が私には腑に落ちました。


自分が後悔した時のことを
思い出すと
当てはまりましたね。


皆さんはこの言葉を読んで
どう感じますか??


我慢することって
本当に大変です。

でも
我慢できることがあるなら我慢していかなけばならないことって
沢山あるって思いました。


色んなことがあるけど

今回でいえば
コロナの時でしたよね

皆さんが
一丸となって
コロナの時期を乗り越えてきましたよね。

大変なことばかりでした。

これからは
少しずつでも経済の回復が
戻ってくれるといいなって思います。

頑張って乗り越えられた人

頑張ってっても乗り越えられなくて
お店を閉めてしまった人

沢山いらしたと思います。

そして
医療従事者さんの
頑張りがあったからこそ
少しずつ回復していける人が増えました

でも
亡くなられた方も沢山いて
心苦しいです。

もっと早くにワクチンが打てていたら
回復する薬ができていたら
もっと
助かる命もあったのにと思います


少しずつコロナにかかっている人の
人数が減少してきているので
このまま収束してくれることを
願っています。


人の力って
本当に凄いですよね

目に見えない怖いウイルスに
ここまで立ち向かい
ワクチンも作ったんですから…

人間の頭脳って本当に素晴らしいものです

乗り越える力がある!


まだまだ
予防は大事だと思うので
自分ができる対策をしていこうと思っています




秋希でした


今月もあの残り宜しくお願い致します。

秋希の手記

知ってましたか?


「神社はお願い事をするところではない」と
聞かされ衝撃を受けました。


「じゃあ、何しに神社に行くの?」
ということなのですが、
「感謝を伝えにいくところ」だそうです。



また、神社というのは
基本的に結界になっているので、
神社の境内に入ることによって、
いろんな心の穢れ(けがれ)を
クリアにする機能があり


「昔の人はクリアリング(浄化)のために神社に行っていた」そうなんです。





神社へ行くと…
とても心が洗われるような
汚れがなくなるような…

なにもかもなくなり
綺麗な身体になったような…

そんなスッキリする感触があったので…

そういうことだったからなのだと
納得できました。




これからは
お願いではなく
感謝の言葉を伝えるようにしようと

そう心に決めましたね。


神社やお寺巡りも好きなので
早く行きたいなって
思っている秋希でした。



秋になって紅葉も始まり
見に行かなきゃなですね

秋希の手記

今日は、私が素晴らしいと思った人の一人



ウルグアイの元大統領の

ホセ・ムヒカ さんのお話をしたいと思います



ホセ・ムヒカさんは

「貧乏な人とは少ししか物を
持っていない人ではなく、無限の欲があり、
いくらあっても満足しない人のことだ。」

と語っていました。


もっとも貧しい大統領と呼ばれていた
大統領ですが 

何が貧しいのでしょうか?

私はそう感じました…。


環境のことを考えて
必要最低限のものだけでいい
そういう考えの持ち主の方で

大統領になっても官邸には住まず
農場で暮らし
今も変わらず住んでいるそうです。

見習うべきことが沢山ある方です

知れば知るほど素晴らしいなって
思えた人でした。


お給料もほとんど慈善事業に寄付し
残りは将来自分の農園に貧しい子供を、
受け入れる農場学校を作るために
貯金をされていたそうです。


貧乏とは
欲が多すぎて満足できない人のことです

「まるで私たちは、消費するためだけに
生まれてきたかのようです。
それができない時、
不満を持ち、自己疎外感を抱きます。」

そうお話してましたが

確かに今の人達は自分も含め
そうなのかも知れないと考えさせられました。

欲しいものがどんどん手に入る生活こそが
裕福ではあると思っているのかも…。

欲望はどんどん
エスカレートしていくもの…。


物であふれることが自由なのではなく、
時間で、あふれることこそが自由だと
そうホセ・ムヒカさんは、お話してましたが…


そうですよね…

時間こそ、お金では買えないものです!


「人が物を買う時はお金では買ってはいない。
そのお金を貯めるために割いた
人生の時間で買っている

物欲を満たすのと引き換えに、
自分の貴重な時間を労働に、
さいていることなのだ」

消費主義社会が問題点だと。
ホセ・ムヒカさんは訴えていました。


消費が世の中を動かしている社会では
消費をひたすら早くしないといけない…
その繰り返しなんでしょうね…


私も
自分の時間や物を、
もっと大事にしたいなって思いました。


ドキュメンタリーや本を読んでみましたが
ムヒカさんの言葉は心にとても響く!


国の為に極貧困の人の為に
たくさん貢献してくれた人


人に寄り添う大統領でした。


こんな人が
トップでいたらいいなって
思いましたね。



秋希でした。


長くなりましたが
読んで下さってありがとうございます

秋希の手記

今月二回目の手記です。

今日は素敵な言葉だったなと
思ったことを書きますね。


秋希はこの言葉を聞いて
凄く好感が持てたんですよ。

たしかにそうだなぁって!



「失敗しても
まず顔あげて今できることを考える

ここから先を変える

起きてしまったことも
他人も変えられないけど

自分と未来はいくらでも変えられる」



いい言葉だと思いませんか??


秋希が
何かに失敗をしてしまった時に
こういう言葉をかけてもらえてたら
すごく
頑張れると思いました。

だから
何かに失敗し、つまずいてしまったら
この言葉を思い出したいと思います。


皆さんは
どう感じました??


人は
失敗や後悔をくりかえし

沢山の色んな経験をし

自分を大きくしていくものじゃ
ないのかなって思います。

何かをやりたい人!
失敗を、恐れず頑張って欲しいな。



秋希でした

秋希の手記

9月に入りました。

残暑がまだまだあり

暑い日が続きましたが

皆さんは、お元気にしてますか??


秋希は
毎日元気いっぱいですよ


緊急事態宣言が
又入ってしまって…

率直に
「またなの?」って
思ってしまいました。


こんな状態いつまで続くのって
思ってしまいます。


医療従事者の方は
本当に本当に
大変な毎日を過ごされていると思うと
心苦しいです。

コロナには、かからないように
しないとって本当に思います。

人に移すことだけは本当にしたくないです。


緊急事態宣言になって
飲食店の方も大変ですよね

飲食店が悪いわけではないのに
被害被ることばかり起きている
気がしてなりません。


早く
もとの生活に戻りたい…

切実に思います。



秋希

 | ホーム |  次のページ»»