真衣☆WAY

《魅惑の囁き声》



髪・顔・体型にそれぞれコンプレックスいっぱい。

30代になり、そこそこ開き直り自己否定は和らぎ、真衣はようやく自由になりました。


「これは私には無関係な世界」
「私にはこんなことを望む資格が無い」

恋愛やお洒落、足を踏み入れる場所…etc。
枠を勝手に決めてその中で生きていた。



『幸せな勘違い』って聞いたことありますか?
真実の如何に問わず、プラス思考で物事を捉える幸せ脳でいること。



とても広くて清潔なベッドの上。
真衣を抱きしめながらこんな光栄な言葉を耳元で囁いて下さる紳士様に遭遇(o_o)

幾度も繰り返して…。
「最高の体だ」


衣服を一枚ずつ剥がされ、生まれたての姿にされる。
肌を傷めないようにとの思いやり。
与えて下さったロングのお時間。
ゆっくりじっくり繊細な愛撫に体の力が抜けてゆく。


いつの間にか頭の中で、その空間の真衣は「最高の体」を持つ特別な女になっている。


ご奉仕したい、快楽の表情が見たい。
身を委ねて甘えてしまいたい。



私が、お客様にかけて差し上げられる【魅惑のマジック】はあるでしょうか(^з^)-☆

attachment00_2016042009245748c.jpg

ネット予約する

お店に電話

在籍女性を見る

 | ホーム |