『初夢』

こんにちは。彩羽です。
早いもので新年が明けて一週間が経ちました。
今年はどんな一年になるのか?
ワクワク・ドキドキの彩羽です。

皆さんはどんな年末年始を過ごされましたか?
お仕事だった方、長〜いお休みだった方も
どんな思いで年明けを迎えましたか?
私は三日間のお休みでしたが、
「こんなに何もせずのんびりしていいのか?」と思うほどだらだら、まったりのんびり過ごしました。
しかも一歩も外に出ることなく。
大晦日は年越しの料理を食べながら紅白を観て(朝から偏頭痛がひどく、年明けすぐに寝てしまいましたが)
元旦は朝からお風呂に浸かり女王様気分。
おせちをテーブルに並べ、テレビ三昧。
あ!お餅は召し上がりましたか?
私はこれを言ったら皆にびっくりされましたが、元旦朝から八個のお餅平らげました。
(お餅大好きな私)
そんな感じで食べて、寝て、テレビを観て・・・の三日間でした。

ところで皆さんは「初夢」みましたか?
私は普段はほとんど夢は見ずに、短時間熟睡型の睡眠。
(もしかしたら見ているかもしれませんが全く記憶には残っていません)
そんな私が今年は「初夢」見たんです。
残念ながら縁起の良いとされている
「一富士二鷹三茄子」の夢ではありませんでしたが・・・
二日の朝、目覚めると「夢」の記憶がありました。
目覚めバッチリ!見た夢の記憶も鮮明に覚えていました。
その夢というのは、
私は船に乗っています。船の甲板の上から小さな白波が立っているのを見ています。
とても心地良い揺れに身を任せる感じで、広くて蒼い海原を眺めていました。
そして船は無事目的の港に到着。でも港にはたくさんの船がいてすぐに岸壁に着ける事はできません。
しばらく待って無事私は船から降り陸に上がりました。
そこには母や子供達が迎えに来てくれていて、久しぶりに会った嬉しさでいっぱいになり、
言葉をかけようとしたところで目が覚めました。
さて、この夢。どんな意味があるのか?
夢占いを見ると良い事も悪い事も書いてありましたが、この際だから良い事だけ見て悪い事は無視w
私なりに都合よく解釈しました。
「港は出発。船は人生の象徴のようなもの。
私はようやく次のステップを踏むスタート台に立ち、ブリキの羽を羽ばたかせる事ができる年になる」と。
そう信じてこれからもまだまだ前へ進んでいきたいと思います。

ここ数日の雪で札幌の街並みは更に真っ白でとても綺麗な雪景色へと変わりました。
ツルツル路面には今だに泣かされていますが、
肌を刺すような冷たい空気にもだいぶ慣れ、
夜中にゴーッと除雪車の音が聞こえるのも、気にならなくなりました。
「滑るから嫌だ」「寒いから嫌だ」
・・・なぁ〜んて言っていないでもっともっとたくさんの思い出を作ります。
皆さんもドキドキ・ワクワク刺激ある毎日をお過ごしくださいね。
今年も笑顔で毎日楽しく過ごせますように。
私も皆さんが笑顔になれるお手伝いができたら嬉しいです。

まだまだ寒さ厳しい冬が続きます。
くれぐれも無理なさらずご自愛ください。

今回も彩羽の私手記を最後までお読み頂きありがとうございました。

〜彩羽〜
TOPに戻る

お店に電話

在籍女性を見る

 | ホーム |