黄色く染まった木々の葉が落ちる前に
真っ白な雪の華が札幌の街にも降って来ました。
いよいよ寒さ厳しい冬の到来ですね。
これから降ったり止んだりしながら
街を真っ白な世界に変えていくのでしょうね。

さて、
ウインタースポーツの季節ですね。
テレビでは連日フィギュアスケートのグランプリシリーズやスキー・スケートのw杯の様子が伝えられ、道内出身の選手も大活躍していますね。
皆さんはスキーやスケートは得意ですか?
私は大の苦手です。
子供の頃、学校行事でスケート教室があり、
バスで市内のスケートリンクに行きました。私はスケート靴を履いた足ではまともに立つ事すらできませんでした。
だってツルツル滑るんだもんw危険。
高校時代は学校行事でスキー教室があり、バスでスキー場へと行きました。
初心者向けの高さまで登りましたが、
私はスキーをつけたままではその場で立っている事がやっと。
インストラクターの人が教えてくれている間に勝手にスキーが滑り出し、
「きゃー!助けてー!」と叫ぶ私を乗せたまま物凄いスピードで急降下。
それでリタイヤ。
だってツルツル滑るんだもんwwかなり危険。
・・・というわけで、私にとっての「滑る」という事は最大の敵。弱点。
そんな私がまともにツルツル路面を歩けるわけがない。
だってツルツル滑るんだもんwwwなまら危険。
フィギュアスケートの羽生選手やザキトワ選手は私にとってまさに「神」です。
ただ滑るだけじゃなく、くるくる回ってジャンプまでするんですから。
私もあんな事ができていたらきっとツルツル路面に苦しめられず済んでいたのに・・・
なぁ〜んて思う今日この頃。

私が札幌に来て二度目のこの季節。
去年は、日に日に日が短くなり同時に寒くなっていき「嫌だ嫌だ」と毎日が憂鬱で仕方ありませんでした。
特に路面が凍ってツルツル滑るのが一番辛く大変で、毎日凍った路面に苦しめられました。
まるで「氷の世界」に閉じ込められたような気持ちになっていました。
怖くて途中で何度も挫けそうになり、泣きながら帰った事もありました。
本当に凍った街を見るたび心が折れました。
去年の私はそんな弱い私でした。
でも今年の私は強い羽を持っています。
その羽を休ませるわけにはいきません。
どんなに寒くてもどんなに雪が降っても
どんなに路面が凍っても
元気に羽ばたいていたいです。
私にとっての「本当の春」に向かって
自ら羽ばたいて行こうと思っています。
北海道での冬の思い出をたくさん持って春に向かっていきます。
私にとっては街全体がスケートリンク。
毎日、スケートの自主訓練をするつもりで
ツルツル路面を克服したいって思っています。
(地元に帰ってスケートリンクに立った時、
スゥーッと可憐にリンクの上を滑っている自分をニヤニヤして思い浮かべながら)

これまで「春」「夏」「秋」と
北海道での思い出をたくさん作ってきました。
今度は「冬」の番。
先日、早速始まったばかりの大通り公園のイルミネーションを観に行って来ました。
まだまだたくさん行ってみたい所や経験してみたい事があります。
冬の楽しみを見つけながら、また一歩一歩前へ進んでいきたいと思います。
寒さ厳しくなる時節。
くれぐれも無理なさらずご自愛ください。

今回も彩羽の私想手記を最後までご覧頂きありがとうございました。

今月も残りわずかとなり、師走もすぐそこまできています。
今年一年、やり残して悔いが残る事がないよう、日々有意義にお過ごしください。

〜彩羽〜
TOPに戻る

お店に電話

在籍女性を見る

 | ホーム |