こんにちは。彩羽です。
11月に入り札幌では「初雪」の便りは今まだありません。
「観測史上、最も初雪が遅かったのは1886年の11月18日。
2番目に遅かったのは1990年の11月10日だったそうで、今年は史上2番目・・・もしも18日までに降らなければ史上最も遅い初雪になるかもしれません」とテレビのニュースで見ました。
とは言え、ひと雨ごとに寒さが増し、季節は秋から冬へと向かっているのは間違いありません。
内心「このまま降らなければ良いな。1日でも遅ければ良いな」
・・・と願う彩羽ですが、どんなに遅くても雪は絶対降りますよねw

さて、今月2本目の手記はどんな話題にしようか?
毎日焦りながらネタ探しをしていました。
こうやって探している時は絶対に書けない。
言葉や文章が湧いて来ないのです。
こういう時は本当に厄介で余計に焦ります。
逆にスラスラ書ける時は出勤途中だろうが入浴中だろうがふっと言葉や文章が出てくるので、メモ帳やスマホが手放せません。
(その時に書き留めないと忘れてしまうので)
今回は「イメージチェンジ」
イメチェンについて書こうと昨夜は思っていました。
実は先月、着物を着た時に行った美容室で
「髪が傷んでるね。この際だから髪を切ってイメチェンしてみたら?短くても似合うと思うよ」と例の先生に言われたのです。
確かにドライヤーやアイロンのせいで傷んでいて、ずっと気になっていました。
けれど、この髪は東日本大震災から伸ばしていたもの。
切りたい気持ちはあるものの、でもやっぱり思い切れない・・・と思いながら迷っていましたが昨日の朝。
「思い切って短くしよう。一度リセットしてまた綺麗に伸ばせば良い。イメチェンしたら気持ちも一新できるかも?」と思い立ち、
すぐに美容室に予約して、バッサリ切るつもりでいました。
短くしたシチュエーションもバッチリ。
(昨日の写メ日記をご覧になって頂けていたらお気付きになるかと思います)
そして昨夜は「この長い髪も今夜限り」そう思い丁寧に洗いました。
今朝は「この髪型も今だけ」と丁寧にブラッシングをし、
「髪は女の命」って言うけれど、本当に大切なものだなぁ・・・と。
ちょっと大袈裟かもしれませんが鏡を見ながら思っていました。

行きつけの美容室で、いつもの担当の美容師さんに相談し、アドバイスを受けた結果、
「髪の状態はだいぶ良くなっている。バッサリ切ってしまって、また伸ばしても結局髪が跳ねたりすれば余計にアイロンを使い、綺麗には伸びなくなる。それよりも今の状態でしっかりケアすれば大丈夫」
ものの数分で「イメチェン中止」が決まりました。
しっかりケアの仕方も教えて頂き、私の髪は切られる事なく、綺麗に洗ってもらいセットをして、生き延びました。
・・・と言うわけで
今回の手記は髪をバッサリ切るつもりでいたので、長い髪に鋏が入った瞬間の切ない気持ちを書くつもりでいましたが、
『イメチェン中止』と言う話しになりました。

ところで「髪は女の命」って理由はご存知ですか?調べてみると
語源や理由ははっきり断言はできないようですが、
平安時代には既に「髪は女の命」と言える状況であったようです。
当時の美人の条件は「ツヤツヤした黒髪のロングヘアー」その頃から髪は女性のシンボルとして認知されていたそうです。
また、髪型だけで印象を良くも悪くも変えることができる・・・やはり第一印象は大切。
調べてみると色々な説があってどれも
「なるほど〜」と思う事ばかり。
彩羽ももっともっと髪を大切にしようとあらためて思いました。
もうちょっとだけ余談を・・・
「髪は女の命」では男性は?
皆さんは何だと思いますか?
因みに彩羽はまじめに「度量」かなぁw

天気予報を見ると明日はもしかしたら「初雪」が降るかもしれないようです。
このままモタモタしていたらまたこの手記の書き直しをしなければいけなくなりそうですw
今回はこの辺でおいとまいたします。
これから寒さ厳しい冬へと季節は変わります。くれぐれも無理なさらずご自愛ください。

今回も彩羽の私想手記を最後までお読み頂きありがとうございました。

寒さ厳しい冬は苦手な彩羽ですが、この冬を乗り越えればまた強い自分になれるような気がします。
皆さんもこの冬の時期、楽しみながら心も身体も強くなっていきますように。

〜彩羽〜
TOPに戻る

お店に電話

在籍女性を見る

 | ホーム |