みなさまはこのイラストを見たことがありますか?






一本の矢が刺さって泣いている子を心配しているけど、自分のほうがもっともっと刺さっている・・・。


どちらの子が正しいとかではなく

キャパシティについて考えさせられるイラストで、私はこれを見るといろいろな事を考えてしまいます。


親にも友達にも元カレにも、あなたは強いねって言われたことがある。

そんなことないんだけどな。

我慢すると強いと思われてしまうのね。


見えないだけでたくさん刺さってる人も現代には多いと思います。


人それぞれキャパシティが違うので、ある程度は耐えることも必要だけど、誰かに頼ったり言えたりするのも大事ですね!


これから北海道は寒さも厳しくなってきますし、

みなさま体のケアも心のケアも忘れずに(*^^*)




三国志はお好きですか?^ ^

典韋の「立ち往生」










 | ホーム |