この度の「胆振東部地震」でお亡くなりになられた方々に心からご冥福をお祈り致します。
また被害に遭われた皆さまに心からお見舞い申し上げます。

9月6日 早朝3時8分。
地震を知らせる警報と共に激しい揺れで目を覚ましました。
札幌に来てから一年半。
一度も地震警報を聞かず「札幌は地震がなくて本当に良いね?」と話していた矢先の出来事でした。
それは、多分誰もが予想もしていなかった出来事だったと思います。
実際私も、まさかまたこんな目に遭うとは思いもしていませんでした。
でも、ガタガタと音を立て揺れている間は「怖い」という気持ちはまだ起きていませんでした。
テレビのスイッチを入れ、玄関のドアを開け、それからテレビを観ていました。
画面には「震度6強」と。
・・・それから程なくして停電になり、部屋の中が暗闇に包まれました。
カーテンを開けて外を見ると街灯も向かいのマンションからの灯りもありません。
急いでダンボール箱にしまっていたローソクとラジオを出し、灯りを確保。
「どんなに大きな地震があっても停電にならなければ、まず大丈夫。停電になったら大変な地震と思え」と子供の頃から言われていたので、電気が消えた瞬間、
「大変!どうしよう!」とラジオからの情報を聴いていました。でも、
◯◯地方、△△地方・・・と次々流れる各地の状況。地名が聞こえて来ましたが、土地勘のない私はどこで何が起こっているのか?わかりません。
それからすぐに乾電池を買いに外に出ました。
信号もお店のネオンも全てが消え、時おり走って来る車のライトが辺りの様子を写し出していました。
コンビニも店員さんが照らす灯りのみ。
「東日本大震災」の光景が嫌でも甦ります。
乾電池と少しのパン・おにぎりを買い自宅へ戻りました。
信号が止まってしまったせいで、車の走行に支障を来しているのか激しいクラクションの音が、薄暗い辺りに響いていました。
「怖い」と感じたのはそれからです。
大きな地震は何度も経験しているので、地震が起きてすぐは意外と冷静に動けていたと思います。
ところがひと段落ついて、ラジオを聴いているうちに、
「このまま何日も電気がつかなかったら?」
「また大きな余震が来たら?」
考えることは余計な心配ばかりで、
陽が落ちて行き薄暗くなるにつれ不安がどんどん大きくなっていきました。
不安で心細くて怖くて・・・
大きな地震を何度も経験し、地震慣れしている私ですが、
大きな地震の怖さを知っているからこそ、
その後の大変さを知っているから。
ちょっとした物音にビクッと怯え、小さな余震でもガタガタと身体が震えました。
停電のまま夜を過ごす覚悟をしていましたが
幸い、我が家はその日の夜には電気が回復し、少しだけ不安が消えました。

地震からもうすぐ一週間が過ぎます。
今でも「余震がくるかもしれない」と不安な毎日を送っているのはきっと私だけではないと思います。
電気はほとんど復旧したようですが、
今まだ断水や家屋の被害で避難所生活を余儀なくされている方もたくさんいらっしゃるようです。
物資が入らず買い物もままならないという不自由な生活が続いています。
先日、コンビニで店員さんに「いつ◯◯が買えるんだ!」と怒鳴っている方を、
またテレビでは市の職員さんに「どうなっているの?」と対応に対して詰め寄る姿を見ました。
みんな不安・疲れでイライラしているのはわかります。
私もまたいつ大きな余震が来て、断水になったらと思い、あの日以来浴槽に水を張ったまま。大好きなお風呂に入ることが出来ずシャワーだけの毎日で、疲れが取れず、イライラする事もあります。
でも、コンビニの店員さんも職員さんも誰もが皆同じ。
地震に対しての恐怖、不安。疲れが溜まればイライラもする・・・
そのイライラは誰かに向けるのではなく、一呼吸して、今自分に出来る事を考えていけたら良いかなと思います。
どんな小さな事でも良いんです。
楽しい事を考えたり、好きな音楽を聴いたり・・・
そして、今彩羽に出来る事は?
皆さんの疲れた身体、心を癒して差し上げる事だと思っています。
皆さんに満足して頂けるよう精一杯尽くしたいと思います。
こんな小さな事しかできず申し訳ありませんが少しでも皆さんの癒しになれば幸いです。
そして、それが東日本大震災の時に応援してくださった北海道の皆さんへの恩返しにもなれば良いなと心から思っています。

少しずつ
普段の生活に戻ってきています。
それでもまだまだ余震の心配や復興には時間がかかると思います。
くれぐれも体調を崩すことのないよう、
気をつけてお過ごしください。
今日は秋晴れの晴天。
長い人生嵐の日があっても必ず今日のように青空が広がる日に戻ります。
こんな時だからこそ、笑顔で過ごしていきましょう。
大丈夫!きっと大丈夫です。

今回も彩羽の私想手記を最後までご覧頂き、ありがとうございました。


一日も早く皆さんに笑顔が戻りますように。

彩羽
TOPに戻る

お店に電話

在籍女性を見る

 | ホーム |