こんにちは。彩羽です。
5日間の夏休みは
「あっ!」という間に終わりました。
お休み最終日。私は空港にいました。
娘を見送り、なんだか急に力が抜けたような気分になっていました。
空港には、これから出発する人、どこからか帰って来た人。
たくさんお土産を抱えた人達。
荷物を脇に疲れた顔で俯く人。
まだまだお土産を買う人。
それぞれ楽しい思い出を胸に、笑顔で溢れていました。
私も5日前はわくわくしながら空港にいました。
でも、その日の私は5日前とはまるで別人。
寂しい気持ちでいっぱいでした。
この中に私と同じ寂しい人はどれだけいるのかな?
そんな事を考えながら、空港を後にしました。

皆さんは、笑顔にしてくれる誰かが近くにいますか?
誰かを笑顔にする事はできますか?
私は先日、5日間を久しぶりに娘と過ごしました。
ライブに行って、レンタカーで遠出して、美味しい物をたくさん食べました。
とっても充実した5日間でした。
北海道で私が行きたかった所、食べたかった物、見たかった物。
私の白い地図にまた綺麗な色を塗ることができました。
「おひとりさま」がまだまだ克服できていない私。
娘のおかげで、一人ではできない事を5日間でたくさん経験してきました。

土地勘のない私と娘。どこに行くにも、「ナビ」と「感」と「閃き」の行き当たりバッタリ感満載の珍道中。
「交代で運転しようね」と言って出かけたドライブは、
2日間共、私が運転を任されました(娘は最初から運転する気などなかった・・と思う)
「迷わないように、事故を起こさないように」と必死でハンドルを握る私の横では、
「信号変わるよ」「前の車抜かせば」「喉乾いた」・・・と言いたい放題の娘。
行きは音楽を聴きながらノリノリで運転していた私。
でも、帰りはやっぱり疲れてイラっともする。
「文句のひとつも言ってやりたい」なんて思って助手席を見ると、
スゥスゥ寝息を立てて寝てる娘。
寝顔を見たらなぁ〜んにも言えないわぁ。
どんなにワガママ言われても、
楽しい時間を過ごせているから、許せちゃうんですよね。

富良野で見たラベンダーの花、香りは
今でも私の頭の中に鮮明に残り、
思い出すたび、癒してくれています。
二人で食べたラーメンも、パンケーキも
本当に美味しかった。
綺麗な景色も良い香りも美味しい食事も
一人より二人の方がより一層良く感じるって事をあらためて思いました。
娘の笑顔を見て、私も笑顔でいられた事。
この5日間で充分に笑い充分にリフレッシュできました。

娘を見送って、空港を後にした私。
リムジンバスの一番奥の席を確保。
一人ぽつんと座り窓の外を眺めて、
楽しかった事を振り返る。
楽しかったはずなのに、泣きそうになる私。
一人になればまた寂しい。
必死で涙を堪えて、自宅に到着。
そこへ、
娘から「空港に着いた。疲れたからまたね」
・・・なんと、素っ気ないLINE。
号泣する準備はできていた。
けれど、あまりにも素っ気ない連絡に思わず笑ってしまった私。
やっぱり娘は私を笑顔にする天才なんだなぁ。

7月もあと半分。
まだまだ「夏」らしい気候にはなってくれませんが、
確実に時間は進んでいます。
私もいつまでも「寂しい」なんて言っていられませんね。
目標に向かって前進あるのみ。
そして、
娘が私を笑顔にさせてくれたように、
私も「私の笑顔で誰かをほんの少しでも、癒して差し上げられるような存在になれたらいいなぁ」そう思っています。

暑い日があったり、肌寒く感じる日があったりと気温差がある毎日。
くれぐれもご無理なさらないようご自愛ください。
日々笑顔で過ごせますように。

今回も彩羽の私想手記を最後までお読み頂き
ありがとうございました。

〜彩羽〜

 | ホーム |