〜彩羽私想手記〜

こんにちは。彩羽です。
六月に入り真夏のような暑さになり、これから暑くなると思いきや急に気温が下がり寒くなったり、まだまだ「夏」はやってきてくれませんね。
そんな中、札幌では「YOSAKOIソーラン祭り」が行われ、札幌の街は一際賑やかになりました。
お祭り最終日、お天気も良いしお散歩がてら大通り公園まで行って来ました。
色とりどり、煌びやかな衣装を身につけた踊り子さんは皆、生き生きと輝いて見えました。
そんな中、札幌の某大学のチームが通りで踊っているのを見ました。
すると、途中で男子学生が突然衣装を脱ぎ「ふんどし姿」に!
その瞬間、観客の皆から拍手と歓声が上がりました。
私は咄嗟にバックから携帯を取り出し、
写真を撮ってしまいました。
決して、若い学生が好きなわけでもお尻が好きなわけでもなく・・・
「写メ撮らなければ!」とついつい本能で(笑)
とても楽しい休日を過ごして来ました。
心の中のモヤモヤが少し薄れたようでした。

皆さんは何か「楽しみ」を持っていますか?
最近私は目に見えない何かに焦っていました。
「〇〇しなければならない」「△△でなくてはならない」と自分自身の考えに縛られていました。
本当はもっと楽しく毎日を過ごして良い筈なのに、それさえもいけない事だと感じることもありました。
楽しい時間を得る機会があって、その時は何も考える事もせず、目一杯楽しもうと思い、野球を観に行ったり、お笑いを観に行ったり、友人と会いその時は本当に楽しい時間を過ごしていますが、
ふとした瞬間に「自分はこんな事をしていていいの?」と思ってしまうのです。
誰にでも多かれ少なかれ「不安」という物があると思いますが、
私の場合、楽しい時間を過ごした後には必ず色んな迷いや焦りが生まれてきてしまい、それが「不安」となって戻ってきます。

いつも手記では
「明るく」「前向きに」と綴って来ましたが
まだまだ気持ちの切り替えが上手にできていない感じです。
親のために、子供たちのために・・・
いつもそんな思いがあり、自分自身のことは後回しになっていたかもしれません。
子供はとっくに親離れし、それぞれの人生を歩んでいるのに、わたしがまだまだ子離れ出来ていないのかなw
他の人よりちょっとだけ早く結婚し、子供を持ち、同年代の友達たちが青春を謳歌している時に、私は毎日家事をこなし子育てをして来ました。お洒落なんてする暇もなし。
いつもジーンズにスニーカーを履いて走り回っていたような気がします。
大変な事はたくさんありましたが、
私なりに精一杯愛情を注ぎ育ててきました。
その甲斐あってか?子供達はそれぞれ独立し、今は自分の道を歩んでくれています。
だから、本当はこれからは私だって楽しんでいい。
他の人が若い頃青春を謳歌したように。
今がわたしの青春。思いっきり人生を楽しみたい。
よさこいの学生の笑顔、生き生きとした力強いパワー、私と同年代、更には年配の方が元気に踊っている姿を見て思いました。

「年齢を考えたら・・」なんて言われたりしてかなり落ち込んだりした事もあるけれど(かなりの勢いで気分が急降下しちゃった^^;)
でも、そう言う人には「だから何?」って心の中で言えばいい。
年齢なんて気にしない気にしない(笑)
そうそう若い子の肌には負ける。体力だって負けるに決まってる。目の下に刻まれたシワはわたしが生きてきた証。

これからはもっともっと堂々と羽ばたこう。
冬の間、しっかり閉じて休ませた羽根を
今広げよう。
私が持っている羽はひらひら蝶のような柔な羽根なんかじゃない。
どんな事でも乗り越えられる、強いブリキの羽根なんだから。
少し(かなり?)遅くきた青春だけれど。。。
楽しみながら目標に向かって飛び続けて行こうと思う。

札幌は「YOSAKOI祭り」が終わり、これから「北海道神宮祭」「ビアガーデン」に「すすきの祭り」・・・とイベントが続きますね。
皆さんも時には羽根を広げて、
思いっきり楽しんでくださいね。
そして、疲れた時には「すき妻」に羽根を休ませにいらしてください。
彩羽が優しく癒して差し上げます。
初夏から夏に向けての季節の変わり目です。
くれぐれも無理などなさらないようご自愛ください。

今回も彩羽の拙い私想手記に最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

〜彩羽〜
TOPに戻る

お店に電話

在籍女性を見る

 | ホーム |