みなさんの手記、拝見してると、本当に文章お上手だし、話題も多岐に渡っていて、すごいなぁ
と感心することばかり。

卒業される方々のは、沁みますね。いい辞め方だから、卒業という表現ですし、お客様、会社、それぞれが門出を見送るのだろうな、と。
まだまだ詩舞は、卒業なんて考えていませんが、こうありたいな、と思いました。

また、すごくお話したくなったのが、妃世里さん。
本のお話でしたよね。
詩舞は、砂川の近くに住んでいたことがあって、当時は今ほどネット注文が盛んじゃなかったから、駅前にある、書店はそこそこ盛況でしたが、そこの店主さんのすごいところは、ブックコンシェルジュサービスを始めたところ。

元々、砂川は、病院が有名で、北大を出た若いお医者さんたちが、勤務になるんです。
で、彼ら向けの専門書を受注しているうちに、おもしろい本、ない?という話から、このようなサービスが生まれたらしいですよ。

ちなみに、砂川は、教育熱心さでも、他よりずば抜けています。

地域の特性を、その地域だけじゃなく、全国区にした、って素晴らしいですよね。

本も、音楽も、映画も、
その時の自分に響くものがあるんですよね。
同じものでも。
それもおもしろいですよね。

心をフラットにして、たくさん響いたり、感じたりできる自分でありたいな、と思います。

長文、最後までお読みいただき、ありがとうございました。


TOPに戻る

お店に電話

在籍女性を見る

 | ホーム |