『道しるべ』

〜彩羽私想手記〜

こんにちは。彩羽です。
新緑がまぶしい風薫る季節となりました。
桜の開花の声が聞こえたと思っていたら
あっと言う間に満開となり、
札幌の季節の移り変わりの速さを実感しています。
GWまっただ中。
どんな毎日をお過ごしですか?

このGW中に
私はまたひとつ歳を重ねます。
「あーあ・・・」と言う気持ちが80パーセント。
「誕生日だわ〜♪」と言うちょっと嬉しい気持ちが10パーセント。
残りの10パーセントは「どうでもいい」とちょっとやけっぱち(笑)
誰にでも「お誕生日」はあり、
みんな分け隔てなく平等に歳は取る。
今はぴちぴち肌の10代の子も、朝まで飲み明かしても全然平気な20代の子も、赤ちゃんもお年寄りも、
毎年ひとつづつ平等に歳を重ねていくわけで。
けれど、歳を重ねていく毎に今まで簡単に出来ていたことがなかなかうまくできなくなるw
更に悲しいかな。愚痴も増えていくわけで。
この歳になると
高校生の頃の、若いぴちぴちした弾力のある肌が羨ましくて仕方ないのに
「今の若い子は常識がないだとか、若いだけで色気はないよね〜」などと言ってみたり、
普段はトボトボゆっくり歩くくせに、
電車の中では、いち早く空いている席を見つけ素早く着席。
「ほら、あの人。・・なんだっけ?」
「・・・?」顔は浮かぶけれど名前が出てこない^^;
会話は介護や健康、老後の話しが増えてきて。
・・・なんて自虐ネタを言いたいわけじゃないんですw

もうすぐ「誕生日」を迎える私は
ふと、
「私の生まれた日の朝はどんなだったんだろう?」と思いました。
自分が子供を出産した時の事も思い出しました。
「雪が降る寒い日」「朝から秋晴れの気持ちがいい日」
・・・その日にどんな事をしていたか?など今まだ鮮明に憶えています。
私の母も同じようにその日の朝を憶えていてくれているのかな?
「こんな子に育って欲しい」「将来は◯◯になってくれればいいな」
・・・と母の元に生まれた私にどんな想いを抱いていたのかな?
誰でも100パーセント親が思うような子にはならないし、色んな事を経験し、失敗を繰り返して大人になっていく・・・
(私なんて失敗の繰り返しで、どんなに両親をがっかりさせてきたことか?)
両親が敷いてくれたレール通りに歩む事は出来なかったと思いますが、
私が今まで生きて来れたのは、最初に道標を作ってくれた両親がいたらこそ。
もうすぐ誕生日を迎える今、あらためて
両親の深い愛と優しさに感謝しています。
今は遠く離れて暮らしていますが、できるだけ早く帰って、恩返し・・・親孝行したいと思います。
そして、私の子供達には自分を信じて自分自身の道を歩んで欲しいと思います。
両親が私を信じ全力で見守ってくれたように、
私も子供達を信じて全力で見守っていきたいと思っています。
私の人生もまだまだこれから。坂道の途中。
どんなに辛い事があっても、自分を信じて
山頂目指して歩んで行きたいと思います。


♪その優しさを時には嫌がり
離れた母へ素直になれず
ほら 足元を見てごらん
これがあなたの歩む道
ほら 前を見てごらん
あれがあなたの未来
未来へ向かって
ゆっくりと歩いて行こう♪


まもなく「立夏」暦の上ではいよいよ「夏」になります。
札幌はまだまだ寒暖差がありますが、
春から夏への季節の変わり目、ご自愛ください。
五月晴れの空のように、皆さんのお気持ちが晴れやかでありますように♪

〜彩羽〜

TOPに戻る

お店に電話

在籍女性を見る

 | ホーム |