こんにちは。彩羽です。
本州から桜の便りが届きましたね。
札幌は・・・どうかな?
耳を澄ませば、もしかしたら「春の足音」が聞こえるかもしれませんね。
分厚いダウンや冬のブーツをいつ脱いでもいいように、
春色のブラウスとスカート、ヒールも用意しました。
あとは春を待つばかりです。

先日、実家に帰った時、母の携帯をガラケーからスマホに変えて来ました。
長年、可愛がっていた猫を続けて亡くし、元気がなかったので、家族みんなで考え、スマホにしたらLINEで写メを送りあったり、ゲームもできるし・・・
暇つぶしにもなるだろうと。
私が実家にいる間に、とりあえずの操作を教えて来ました。
Siriを「シェリー」と言い「シェリーすごいね〜」と電話に話しかけたり、不安はありましたが、
「わからなくなったら、電話をスピーカーにしてもらい、話しながら一緒に操作すれば大丈夫!」と我ながら良い考えだと安易に考えて。
札幌に帰ってから、何度かLINEを送ってみましたが、既読にならない。
もうすでに操作がわからないと電話がかかって来ました。
スピーカーにしてもらい、あれこれ教えますが、どうしても出来ない。
私もイライラしながらも必死で教えますが、
なかなかできない。
「なぜできない!」とイラッときたところで、母からLINEでスタンプが・・・
スタンプなんて教えてないのに、なぜ?
スタンプの後に、何故か?母の足元の写メが送信されてくる。
そんな操作も教えてないのに・・・イライラだった私も思わず爆笑。
その後も、なかなかLINEは既読にならず。
でも、教えていないのにLINEミュージックで演歌を聴いていると言い、不思議な母。
今回のスマホは、たまたま触ったところがスタンプだったりしたのだと思いますが、それにしても、タイミングが良すぎました。
そういえば、昔から母は、私がピアノの発表会でガチガチに緊張してる時、泣きそうになった時、イライラしている時・・・そんな時に絶妙なタイミングで笑いのツボを押す。
そうすると、ふっと不安もイライラも消えて笑ってしまう。
そんな母がいたから私たちはいつも笑っていられたんだなぁ〜。
私も、誰かが疲れていたり、不安だったり、イライラしていたり・・・負の感情を持った人がいたら、そっと笑顔になるツボを押せるような、そんな女性になれたらいいなと、
思いました。
皆さんの近くには絶妙なタイミングでツボを押せる方はいらっしゃいますか?
それはどんなツボですか?

雪解け間近な季節の変わり目。気温の変化も激しくなる事もあるかと思います。
くれぐれも無理なさらぬようご自愛ください。

今回も彩羽の私想手記を読んでいただきありがとうございました。

〜彩羽〜
TOPに戻る

お店に電話

在籍女性を見る

 | ホーム |