こんにちは。彩羽です。
早いもので今月も残り二日となりました。
そして、私がお店に入店してからちょうど一年が経ちました。
冬は「寒いし、滑るし嫌だ」
夏には「えっ!思ったより暑い!」
・・・愚痴ったり、文句を言ったり、弱音を吐いたりetc
それでも、それ以上に楽しいこともたくさん経験しながら、何とか過ごして来ました。

先日、久しぶりに大号泣しました。
「悲しくて?寂しくて?悔しくて?」
いえいえ、「嬉しくて」です。
その日は、次男の誕生日でした。
朝起きたらラインで「おめでとう」って言おうか?電話しようか?
そう思いながら迎えた朝。
その次男からラインが来ていました。
その内容は、
「今日は○○歳の誕生日です。おかん、俺を生んでくれてありがとう。」
たったこれだけの文章でしたが、
私にはどんな長い言葉より嬉しいものでした。
小さい頃は、お兄ちゃんが全ての主導権を持ち、何でもお兄ちゃんの次。
妹が生まれてからは、みんなの目が小さい妹の方へ向き、いつでも「我慢」することが多かった次男。
兄弟の中で、一番頑固者で我慢強く逞しい次男。
楽しい事があると、誰の目から見ても本当に楽しそうに笑い、その笑顔につられて周りのみんなが楽しくなる・・・(親バカかもしれませんが、)次男の笑顔、本当にいい笑顔なんです。

今は離れて暮らし、ほとんど次男からの連絡は無し。私から連絡してもなかなか返事が来ない。やっと返事が来たと思うと、
「うん」「はい」「わかった」ばかり。
息子と母親ってこんなもんだぁ。とそのたびに、何だか寂しいなぁ〜っと思ったりもしていました。
そんな中での、次男からのライン。
幸せだからこその言葉。
それが嬉しくての涙でした。
「生んでくれてありがとう」次男からの最高のプレゼント。
「私の子供に生まれてくれてありがとう」
・・・今度会った時に、次男に言ってみたいと思います。
きっと照れて返事は返って来ないと思いますが、
また、私の大好きな次男な笑顔で返してくれると思います。

厳しい寒さもあとひと月あまり。
栄養、睡眠をしっかり摂って元気にお過ごしください。


今回も彩羽の私想手記に最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

〜彩羽〜
TOPに戻る

お店に電話

在籍女性を見る

 | ホーム |