真衣★WAY

【真冬の1日】


北海道の長い冬季間。
その中で一番寒い時期がおそらく「今」です。


お客様と交わす会話。
「寒くないかい?」
「いえ…、あっ、手が冷たくてごめんなさい」

手足がいつも冷たい真衣には、手強い季節です。



楽しみは雪まつり…ではなく2月4日の【立春】です。

意味合いを調べてみました。
正確には春が立つ、という意味で、立春を迎えた頃から気温の底はピークを過ぎ、徐々に春めいた気温や天気に変わっていく、という事だそう。


つまり寒さの底を脱する転換ポイント。
希望が持てる。
気持ちが明るくなりそうな日。


その時期は観光のピークでもあります。
また今年もた全世界から訪れた観光客で賑わう街が見られるでしょう。

ススキノ会場の氷像を写メ日記にアップしたのが1年も前のことだなんて…。



そう考えると、きっとやってくるのは早そうです。
待ち遠しい春。



お読みいただきありがとうございました。
TOPに戻る

お店に電話

在籍女性を見る

 | ホーム |