真衣☆WAY

【果物狩り】

春はイチゴ
夏はサクランボ
次は今が真っ盛りのぶどう・プルーン

今年は、季節の果物狩りを制覇できないか闘志に燃えている真衣です。



季節は秋。
毎週のように各地で味覚まつりが開催されています。


出張やご旅行でいらっしゃりお目にかかる方々から1番良く聞く言葉。
「北海道はなに食べても美味いよね」

道産子としてとても嬉しい褒め言葉^^

他地域よりも歴史の浅さは否めないだけに、土地そのものが与えてくれる恵みが認められるのは素晴らしいこと。



話は戻り、果物狩りですが。
幼い頃、祖父母宅に大きなサクランボの木とぶどう棚がありました。
さぼど広くもない庭先にそれらはギュッと仲良く植わっていました。
たわわになる実は近所でもちょっとした有名な風物詩。


収穫の時期には孫たちが呼ばれて1日がかりで楽しませてもらっていました。

脚立に上がったり、時には木によじ登る。
年齢が上がるにつれて上の方にある実まで手が届く。
太陽の光を浴びて濃く色づいた部分の甘いこと^o^
一方で、土づくりにもこだわっていたので当然あらわれるのがミミズ達です。

「ギャーー!!」

昆虫は平気でも未だにニョロニョロ系が苦手な私。
大絶叫したのも今では懐かしい思い出となりました。


そのサクランボもぶどう棚も、今ではもうありません。
祖父母の死去や加齢に伴い管理できなくなり、随分前に切り倒されました。
惜しまれて、惜しまれて運ばれていきました。



でもそれはすでに良い思い出。

新しい思い出を、当時はもちろん存在していなかった命たちと築けるから幸せ。

「良いなぁ…」
指を咥えて待っていてもはじまらない。
いつもの如く、自分から踏み出して行くつもりの真衣です。


秋を楽しみましょうね。
長い冬がやってくる前に…。



最後までお読みいただき、ありがとうございます。

attachment00_2017090820404593c.jpg
TOPに戻る

お店に電話

在籍女性を見る

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |