真衣☆WAY

【サード・プレイス】


あなた様は『第3の居場所』をお持ちですか?

コミュニティにおいて、自宅や職場とは隔離された、心地のよい3番目のスペース・人間関係を示す言葉だそうです。


真衣にはあるとしたら…


月1程度お喋りする女友達とのランチ。
大好きな写真展めぐりや、そこで会う顔見知り達。

これがあるのとないのとでは大きな違うと強く感じている今日この頃です。



自宅とおつとめとスーパーの三角地点をクルクル回る繰り返し。
ただでさえ井の中の真衣蛙は大海を知らないまま。
自分の価値観を常識だと勘違いしてしまいます。


また、少し特殊かもしれないこと。
風俗という仕事。
特に意識してそれまで以上に外の風を取り込むようにしています。


【普通は…】という言葉が嫌いな私ですが、感覚が大幅にずれていないか?
『性』や『恋愛』について麻痺してもおかしくない環境。
生活実感や友達との他愛ない会話を大事にしたいと考えています。


外から眺めていた「風俗」という世界。
色メガネ・闇・欲望・男女…。

自分が飛び込んで見えてきた現実。
驚いたこともありますが、案外シンプルで堅実だったこともたくさん。
むしろ、後者の方が多いかな。

特別誇れたものでもないですが、昔話になった時、今必死のこの経験は密やかな糧になる予感がします。


そんな日が来るまで今しばらくお世話になります。
夏の思い出、お作りになりませんか?



真衣とのお時間が
どなたかのサードプレイスに
なれたらいいな…♪(´ε` )

attachment00_2017070615240805c.jpg

TOPに戻る

お店に電話

在籍女性を見る

コメント

どん底なら穴を掘れ

自分は世間知らずです
今もたぶん世間知らずで、井の中の蛙でしょうw

それはそれとして
どこで知ったか忘れてしまったけど
「どん底なら穴を掘れ」って言葉が引っ掛かってました
その時はどん底でどう掘れってんだよと思ってたw
でも何年間経ってから、どん底で掘れるなら、そこはまだ底じゃないのかもってなった
そしたら自分のいる穴は以外にも浅くて
井戸の底から見上げる空は以外にも明るく青感じがしました

井の中の蛙大海を知らず、されど空の深さを知る
ではでは(*^^*)

ニシ様

コメントありがとうございます。
今までの見識から「井の中の蛙」とは到底思えないニシ様ですが、傲慢よりは「らしいな(^^)」と感じられます。

真衣は「どん底」を経験したことはまだありません。
甘ちゃんです。
それでもその時々は必死です。
案外浅い井戸の底で足がつくのに溺れているつもりになったり。

今は犬かきを覚え、垂らされている蜘蛛の糸の存在に気がつき、どんな時も人間は一人じゃないって感じられるようになりつつある蛙です。

第三の場所・・・お一人々にとって、精神的に物理的においてオアシス的な場所であり、必要不可欠な関係がもたらす、脳の栄養。みたいな感じでしょうかね? 頻度はそれぞれとして、無いと駄目でしょう。

子供の頃は、そんなものを必要に感じなかったのに、なぜなんでしょうね?
大人になると、いろんなしがらみになかで我慢してるからなのかな?
なくてはならない存在。でも、永遠に存在できるものなんてないから、今を大切にしたい。

映画の第三の男のラストシーン。アンナはハリーに一瞥もなく真っ直ぐに歩いていく。
女性の強さをとてもよく表現していると思いました。

真衣さんにも似たものを感じます。

砂布巾さま

オアシスは入り浸らないから「オアシス」なのでしょうね。
落ち着く場所・素が出せる人間関係の基本は、家。

それでもおっしゃるように、どんな場でも人とのかかわりの中で生きる以上「しがらみ」は生まれてくる。
それがストレスとまでいかなくとも。

肩書や性別・年齢飛び越えてたまに「個」に還るのも悪くないです。


好印象をお伝えしていただき、ありがとうございます。
覚悟を決めた時以外の真衣はへなへなですよ(*_*)
しょっちゅう迷子に・・・。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |