【新人時代】


現在、すき妻は私が入店してから幾度目かの入店ラッシュを迎えています。


活気あふれる奥様方。
出勤時間や回数の差ですれ違うだけ・・・。
失礼ながらまだきちんとご挨拶できていない方も多数おります。
(ごめんなさい)


入店は先でも、経験は誇れるものがないので、ただひたすら自分の当時のことを思い出しています。

会う方すべてが「フリーのお客様」
初めましての連続は刺激的であり、緊張の糸を張り巡りっぱなし。
いまだに視野が狭めの真衣が、さらに自分のことしか見えていない。
とんでもない状況でしたが、それでも努力に嘘はなかったな。



そのひとつが生んだ小さな誇り。

《真衣》が誕生した日。
誰にでもいるたったひとりの第一号目のお客様。
今でもたまーに現れては、

「真衣ちゃん、ブレていないかい?」

時に厳しく、時に優しく、課題を投げかけて下さいます。
この課題。
ズキンっとくることも多くて自問自答の修行です。


新人時代を「あの頃は良かった」と振り返ることはまったくありません。

それは「今が充実しているから」
ご新規様や新しいお客様とのワクワクする出会いの楽しみ。
ゆっくり大切に積み重ねている紳士様との点から線に移行した継続性あるつながり。
味わいが深く広がってきているからです。


良い時もあれば、苦しい心境の時もある。
支えていただきながら新人を卒業した真衣。
自らをポジショニングして型にはめることに意味はないと考えています。

共感してくださる紳士様方も少しずつ増え、支えていただきながら、本日も一週間ぶりの出勤を無事終えました。


どうもありがとうございます(#^.^#)
そして明日からの一歩もまたよろしくお願いします。


やっぱり、すき妻のお仕事は奥が深いです!!

attachment00_20170606210151cde.jpg
TOPに戻る

お店に電話

在籍女性を見る

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |