真衣☆WAY

【カーネーションと家族のカタチ】


お花屋さんがもっとも混雑するのは
母の日とクリスマスのような気がします。

花束をプレゼントされて
喜ばない女性はきっといないはず。


今日は母の日です。
ショッピングセンター片隅のお花屋さん。
群がる人々の熱気に負けない、
色とりどりの花々の艶やかさ。

1輪売りからブーケにアレンジメント、
プリザーブドフラワー、形状も様々…



日頃からすき妻の帰り道など、
真衣はお花屋さんを覗いて帰ることがあります。

最近、ちらほら見かける不思議な花。
自然界ではあり得ない「人工の色彩」が目に飛び込んでくるのです。



ブルーのバラ

image00_20170514135819070.jpg

image01_201705141358173aa.jpg

ブルーのカーネーション然り。
珍しくて何度か見返してしまった程。


美しいのですが…なぜか違和感?
自然界では無いものを人間が作り出した不自然さを感じたせいでしょうか?


ただそれも、見慣れていないせい。
きっと…ね。

「当たり前」と決めつけられなくなった多様な家族像と同様。
柔らかい感受性で捉えられたら…これもまた魅力ある一輪となるのでしょう。


私からの花便り。
お読みいただきありがとうございました。

attachment00_201705141358160db.jpg



ネット予約する

お店に電話

在籍女性を見る

コメント

家族のカタチ

家族の形って様々です
昔に観た映画で「メイジーの瞳」を観た時に愛の形や表現が人それぞれだと感じました
離婚訴訟中の夫婦を子供視点から描いてる作品ですが、ストーリーも映像も静かで綺麗です
上手く伝えられない、伝わるけど受け入れられない愛がテーマの良い映画です

それともう一つ
ほっともっとのCMソングで「お弁当を食べながら」って歌があるんですが聴いてると家族を思い出します

カタチは本当に様々だと思います
幸せの形も不幸せの形も人の数だけ存在すると思う

明日も良い日になりますように願います
ではでは(*^^*)

ニシ様

いつも独特の感性を的確な言葉で伝えてくださるニシ様。
表現力に引き込まれます。
また日常生活の中でアンテナの張り方、
同じものを見ても感じるセンサー(感受性)が豊かなんでしょうね。

自然の美
造られた美

優劣はなく比べる必要もないのでしょう。
それぞれは別のもので、造られたものには意味がある。

コメントが励みになります。
また遊びにいらしてね。

カーネーション

初めて思想手記覗かせてもらいました。

真衣さんは、普段の生活の中にいても仕事の事を
常に考えているんですね。
素敵な感性の持ち主だということが分かりました。
このカーネーションは、ブルーは国内産
レインボーカラーはアメリカからの輸入で、
うる覚えですがたしかスプレンダーカラーと、
海外では言われてると、お花屋さんからかなり
昔に聞いたことがあります。
もう、15年以上前の記憶なので間違っているかもしれませんが…。
真衣さんには、元気をわけてもらって本当に感謝しています。ありがとうございました。

えーじ様

まず、お返事が遅れましたこと…ごめんなさい!!

『スプレンダーカラー』
知りませんでした。
しかも15年も前から存在があったとはまったく。
女性はお花が好き。
おそらくどなたかへの贈り物だったのでしょう。
贈られた方はお幸せですね。

真衣はいつも元気と成長の機会をいただいている側なのですよ。
ありがとうございます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |