真っ白な 雪道に 春風香る
わたしは なつかしい
あの街を 思い出す

叶えたい 夢もあった
変わりたい 自分もいた
今はただ なつかしい
あの人を 思い出す

誰かの歌が聞こえる
誰かを励ましてる
誰かの笑顔が見える
悲しみの向こう側に

花は 花は 花は咲く
いつか生まれる君に
花は 花は 花は咲く
わたしは何を残しただろう

もうすぐ
またあの日がやって来ます。
あれから六年が経ちます。
2011.3.11 「東日本大震災」

私は仙台の施設で勤務中でした。
突然の大きな揺れ。叫び声。
緊急地震速報の音が不気味に鳴り
響いていました。
大きく長い長い揺れでした。
・・・そして大津波

たくさんの人の命が、たくさんの人の夢が奪われました。

あの日から六年。
今でもあの時のことを思い出すと
恐怖が蘇ります。
涙が溢れてきます。
一時は「私が生き残って良かったんだろうか?」
そんなことを考えたりしました。
でも、今、私は生きています。
泣いたり笑ったり怒ったり。
一日一日を精一杯生きています。

生きていれば楽しい事ばかりではありません。
悲しいこと、不本意なこと、時に傷ついたり、憤ったり・・・
それを感じることができるのは
「生きているから」こそです。

だから私は今を大切に
一日一日を精一杯生きて行きたいと思っています。
人と人の繋がりを大切にしたいと思っています。

「花は咲く」
どんな悲しみや苦しみがあろうと、花は無邪気に咲いてくれる。
いつか生まれてくる生命の為に。

毎日が楽しく笑顔で過ごせますように。。。
彩羽の笑顔を貴方にもお届け致します。

彩羽の私想手記を最後まで読んでくださりありがとうございます。

ネット予約する

お店に電話

在籍女性を見る

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |