真衣☆WAY

【氷の祭典を諦めた訳】


2月も終わりに近づいてきました。
まだまだ除雪車の活躍は続き、
天気予報を眺めては一喜一憂。
「春はまだか」と…問う日々ですが。



私のオススメの冬のイベントのひとつ。
《支笏湖氷濤まつり》が先週末で閉幕しました。
観に行かれた方はいらっしゃいますか?


支笏湖の澄んだ湖水をスプリンクラーで噴射。
自然の造形美あふれる巨大な氷像をつくり上げる湖畔の冬のイベントです。
会場には大小さまざまな氷像が立ち並び、夜は色とりどりのライトに照らされ幻想的に輝く☆彡

image00_20170223091628838.jpg

夜のライトアップを初めて見た年瞬間、
雑誌を遥かに超越する美しさに圧倒!
息を呑みました。

image01_2017022309162905a.jpg

苔の洞窟を模した不思議な空間。
幻想的ってこんな場面を指すんですね。

image02_201702230916315ee.jpg

さらに旭川方面へ北上した
層雲峡という温泉街でも似た取り組みは行われています。



その他各地で、趣向を凝らしたイルミネーションが終盤を迎えています。
洞爺湖温泉のトンネルの形をした光のマジック。
工夫されていて密かにお気に入り。

image03_20170223091632aa9.jpg

洞爺湖温泉中心部にあるにぎわい広場に
電球40万個を使用した、
70mのトンネルと、
直径9mのドームが登場。
規模は小さめですが
光のトンネルは夢の国の入口のよう^ ^
こちらは3月5日(日)まで!

image04_2017022309163418b.jpg

観光協会の回し者ではないので、
伝えたかったのはここから下…。


今年はまた生で見たかった。
休みだって工夫次第で生み出せるし
ツアーに参加すれば足の確保もクリア。

しかし真衣は踏み出せませんでした。

「夜は寒いし風邪をひかせたら困るな」
「一泊でも冬場は大荷物」
「移動だけで疲れ果て、翌日の仕事に響いちゃう」

消極的に行動に移せなかった背景には
『毎日充実していてお腹いっぱい』が
隠れていた気がします。

そこは無理するタイミングじゃない。

「今だ‼︎」という直感がきましたら
真衣は必ず、
思い出作りに行ってまいります。
たぶん暖かい季節に…ね。


それまではあなた様のお話を聴かせてくださいませ。
肌を合わせた後の少しの時間。

同じ道産子の紳士様とは
「そうそう、あるよね〜、じゃあ、あそこは知ってるかい!」

他地域からお越しの方とは
「知らないことだらけ、もっと教えてください(o^^o)」

大袈裟ではなく胸が高鳴ります。
あなた様の当たり前は、
真衣にとってすべてが《新鮮》です。



年度末まで走り抜けます。
引き続き、未熟な私ですが、
可愛がっていただけると嬉しいです。

お読みいただきありがとうございました。

attachment00_20170223091635950.jpg


ネット予約する

お店に電話

在籍女性を見る

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |