真衣☆WAY

【クリスマスと野望】

得体の知れないサンタクロースなる白ひげおじいさんが来る夜。
良い子にしていないと腐った動物の死骸や生ゴミを置いていくという。
ファンタスティックで、西洋ならではの不気味さもチラつく。
これ以上ミステリアスな夜はない。


サンタの正体が明らかになっても
ステディなパートナーがいれば、
女にはさらに熱のこもった日となる。

image00_201612242021539fc.jpg



再び、話は幼少期に遡ります。

まぁるいクリスマスケーキと手作りの骨つきチキンがたくさん。
フライドポテト、シャンメリー。
加えてなぜか年に一度だけ、ピザ◯ットのLサイズが夕食に並びました。


特別自然な食にこだわる両親ではありませんでしたが、テイクアウトや出来合いの弁当は当時は逆に贅沢品。
滅多に食べる機会がない家庭でした。


憧れのピザと立派なケーキ。
『オトナになったら、ケーキとピザをワンホール1人で食べよう(´-`).。oO』

大真面目で決めていました。

ストレスを感じた時にも、その野望は頭をよぎる悪魔の声ψ(`∇´)ψ



月日は流れて…
決行しようと思えば
できなくもない今。

ところが…
胃袋が打てつけなくなった哀しい現実。
加齢(−_−;)

そして、なにより
【分け合う方が美味しい】
そう感じるようになりました。

チキンは作らず、買う派の私。
必要な分だけ急いで購入して駆け足で帰宅。

「いらない、ラーメン食べたい」
そう言われたのはご愛嬌。




関わる皆さまへ
メリークリスマス(((o(*゚▽゚*)o)))


attachment00_201612242022414f7.jpg


ネット予約する

お店に電話

在籍女性を見る

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |