真衣☆WAY

【冬至カボチャMAGIC〜再会〜】


彼女と初めて会話を交わしたのはずっとずっと昔。
真衣が二十歳そこそこ。
やはり接客業に従事していた時のことでした。

対面で商品を売る店舗勤務先に、
お客様として現れたのが彼女。

お母様と一緒に現れて、
年端もいかないおネエチャン店員の話をいつもじっくり聴いてくれました。
必要なものは納得すれば高額でも購入してくださる。
品の良い優雅なお母様とお嬢様。
そんな印象でした。


その彼女。
私が退職後も、なぜか数年おきに遭遇するのです。
年代・既婚未婚・職業も別・住まいも近くない。
共通点は特になし。


見かけてはお互いにすぐに気づいて片言話してさようなら。
また数年後に必ず再開。



そして今日。
なんと、また現れたのです!!


「良かったらお茶でも…」
そう誘われて…普段なら急な予定は時間的にまず不可能>_<
ところが今日は《冬至MAGIC》発動
\(^o^)/


お餅を入れたらすぐ食べられる甘く煮たカボチャを朝のうちに一鍋作っておきました。
昨夜の残りの野菜の煮付け。
ご飯に合う副菜もある。


45分ならフリータイムが生み出せる!!

image00_20161221203722ebc.jpg

ファーストフードで束の間、
時空を超えた交流。
こんな過ごし方は、久しぶりだなぁ。
アイスティーに、ジャンクなチーズバーガー。
笑われちゃうような
他愛ないことかもしれませんが、
真衣の気持ちのコップは満たされました。

人との距離感は、単に会う頻度だけじゃない。

それは紳士様との触れ合いにも通じることです。


あくまでも、つるむのは得意ではありません。
でも真衣は《人間が大好き》です。
人の中でこそ、喜びがあり、成長させていただけるのが私です。
モチベーションが上がり、明日のすき妻DAYが、ますます楽しみになりました。

よろしくお願いいたします。

attachment00_20161221203826da1.jpg

ネット予約する

お店に電話

在籍女性を見る

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム |