こんにちは。彩羽です。
初めに、先日の「西日本豪雨災害」で被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

7月も半ばを過ぎ、札幌もだいぶ「夏」を感じられるようになりました。
ついこの間まで、
「本当に今の季節は夏なの?」と思ってしまうようなお天気、低い気温が続き、
それでなくても北海道の夏は短いのに「夏」を感じないまま「秋」になっちゃう?
・・・と、天気予報を見てはがっかりの毎日でした。
やっと、今「夏だなぁ」と夏を感じられるような気候になりました。
本当は暑いのも、寒いのもどちらも嫌だなぁって思いますが、
やっぱり夏は暑いに限りますね。

先日、娘が来た時の事を写メ日記や私想手記に書かせて頂きました。
娘が帰った日からしばらくは寂しくて、夕飯も何だか美味しく思えず、夜も長く感じていました。
でも、今はいつもの日常に戻り、
皆さんにお会いし、たくさんのお話しをさせて頂き、楽しい時間を与えて頂いているので、もう、大丈夫。
これで「寂しい」なんて言っていたらバチが当たります。

ところで、最近私は自分でも気づかないうちに、また話し方・・言葉が変わっていっているようで、
「北海道弁」を使っているようなんです。
母親との電話での会話、娘と話しをした時に「何?その言葉」と言われて、
「あ・・・北海道の人が使ってる言葉」といちいち説明。
先日のドライブ中、
「エアコン寒くないかい?」
「ジュースでも飲むかい?」
娘に何か聞くたびに「○○かい?」
富良野に行く途中、渋滞している箇所で
「わや〜!」
食事中「なまら美味しいね〜」
他にも「したっけ」「いんでない」「やめれ」・・・
いつの間にか、東北弁が減っていました(笑)
因みに、私の地元では
「なまら美味しい」→「いきなり(し)美味しい」
「いんでない」→「いいっちゃ」
「やめれ」→「やめろでば」
・・・と言います(笑)
そうそう、
札幌では「ゴミを投げる」「いずい」と言ったりしますが、これは私の地元でも普通に使っています。
関東や関西の人には通じなかったです。

東北から関東に行った時は「田舎者」とバレないように、方言を封印して話していました。(方言を使わなければ標準語と思っていた)けれど、どうやら言葉のイントネーションが違うようで、封印虚しくすぐにバレていました(笑)
それでも3年暮らすうちに、自然と訛りが少なくなり地元に帰る度に「言葉が綺麗になったね」と言われるようになっていましたが、札幌に来て一年半が過ぎ、今度は札幌の言葉を覚え、知らず識らずに自分でも使っていたんですね。
最初は、「北海道の人って言葉が綺麗だなぁ」と思っていましたが、
時々、話している最中に「ん?」と何か違和感を覚えることがありました。
色々な方とお話をするうちに、知らない言葉がいくつかあって、それが「北海道弁」だと教えて頂きしっかり身についてしまったようです。
でもでも、やっぱり私は
「東北訛り」が聴こえて来ればとても懐かしく感じ、地元に帰れば自然と出てくる「東北弁」
特に地元の友達や親しい人、お年寄りとの会話は、もしかしたら札幌の人が聞いたら何を話しているか?わからないかもしれないですよ(笑)
そんな故郷の言葉が一番しっくりして、大好きです。
皆さんもそれぞれ「故郷の言葉」をお持ちだと思います。
大切に使っていきたいですね。

本州では、連日の「酷暑」
40度を超えたところもあり、信じられない程の暑さになっているようです。
札幌もこれから週末にかけて30度近くまで上がるようですが、本州の気温が毎日伝わってくるので、30度と聞いても「大したことがない」と思えてしまいますが、
熱中症などならないよう、
睡眠・栄養・休養をしっかり摂って体調にはお気をつけてお過ごしください。

やっと訪れた北海道の夏を心行くまで満喫してくださいね。

今回も彩羽の私想手記に最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

〜彩羽〜

続きを読む »


こんにちは。彩羽です。
5日間の夏休みは
「あっ!」という間に終わりました。
お休み最終日。私は空港にいました。
娘を見送り、なんだか急に力が抜けたような気分になっていました。
空港には、これから出発する人、どこからか帰って来た人。
たくさんお土産を抱えた人達。
荷物を脇に疲れた顔で俯く人。
まだまだお土産を買う人。
それぞれ楽しい思い出を胸に、笑顔で溢れていました。
私も5日前はわくわくしながら空港にいました。
でも、その日の私は5日前とはまるで別人。
寂しい気持ちでいっぱいでした。
この中に私と同じ寂しい人はどれだけいるのかな?
そんな事を考えながら、空港を後にしました。

皆さんは、笑顔にしてくれる誰かが近くにいますか?
誰かを笑顔にする事はできますか?
私は先日、5日間を久しぶりに娘と過ごしました。
ライブに行って、レンタカーで遠出して、美味しい物をたくさん食べました。
とっても充実した5日間でした。
北海道で私が行きたかった所、食べたかった物、見たかった物。
私の白い地図にまた綺麗な色を塗ることができました。
「おひとりさま」がまだまだ克服できていない私。
娘のおかげで、一人ではできない事を5日間でたくさん経験してきました。

土地勘のない私と娘。どこに行くにも、「ナビ」と「感」と「閃き」の行き当たりバッタリ感満載の珍道中。
「交代で運転しようね」と言って出かけたドライブは、
2日間共、私が運転を任されました(娘は最初から運転する気などなかった・・と思う)
「迷わないように、事故を起こさないように」と必死でハンドルを握る私の横では、
「信号変わるよ」「前の車抜かせば」「喉乾いた」・・・と言いたい放題の娘。
行きは音楽を聴きながらノリノリで運転していた私。
でも、帰りはやっぱり疲れてイラっともする。
「文句のひとつも言ってやりたい」なんて思って助手席を見ると、
スゥスゥ寝息を立てて寝てる娘。
寝顔を見たらなぁ〜んにも言えないわぁ。
どんなにワガママ言われても、
楽しい時間を過ごせているから、許せちゃうんですよね。

富良野で見たラベンダーの花、香りは
今でも私の頭の中に鮮明に残り、
思い出すたび、癒してくれています。
二人で食べたラーメンも、パンケーキも
本当に美味しかった。
綺麗な景色も良い香りも美味しい食事も
一人より二人の方がより一層良く感じるって事をあらためて思いました。
娘の笑顔を見て、私も笑顔でいられた事。
この5日間で充分に笑い充分にリフレッシュできました。

娘を見送って、空港を後にした私。
リムジンバスの一番奥の席を確保。
一人ぽつんと座り窓の外を眺めて、
楽しかった事を振り返る。
楽しかったはずなのに、泣きそうになる私。
一人になればまた寂しい。
必死で涙を堪えて、自宅に到着。
そこへ、
娘から「空港に着いた。疲れたからまたね」
・・・なんと、素っ気ないLINE。
号泣する準備はできていた。
けれど、あまりにも素っ気ない連絡に思わず笑ってしまった私。
やっぱり娘は私を笑顔にする天才なんだなぁ。

7月もあと半分。
まだまだ「夏」らしい気候にはなってくれませんが、
確実に時間は進んでいます。
私もいつまでも「寂しい」なんて言っていられませんね。
目標に向かって前進あるのみ。
そして、
娘が私を笑顔にさせてくれたように、
私も「私の笑顔で誰かをほんの少しでも、癒して差し上げられるような存在になれたらいいなぁ」そう思っています。

暑い日があったり、肌寒く感じる日があったりと気温差がある毎日。
くれぐれもご無理なさらないようご自愛ください。
日々笑顔で過ごせますように。

今回も彩羽の私想手記を最後までお読み頂き
ありがとうございました。

〜彩羽〜
こんにちは。彩羽です。
七月に入りました。
今月はスタートからあいにくの空模様になってしまいました。
先月末から不安定な空模様で、
蒸し暑かったり、急に肌寒くなったり、ひどい雨降りが続いたり・・・
北海道だけでなく、九州、近畿、四国と水の被害、崖崩れなど大雨の被害が出ているようです。
被害が最小限に済みますように。
そして、被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。
北海道も本来のカラッとした気持ちの良い気候に戻りますように。。。

明日から私のちょっと早い夏休みです。
離れて暮らす娘が遊びに来ます。
五月に入ってすぐ、
「遊びに行くね。」と連絡があり、
二ヶ月前から待ちに待った明日です。
娘の顔を見るのはなんと!去年の九月以来なんです。
その間二度地元に帰っていますが、娘の仕事の都合で会うことができず、寂しい思いで札幌に戻って来ていたので、
明日会えるのはとても楽しみです。

良く世間では
「女親は娘より息子の方がかわいい」と言われますが、何故かなぁ〜?といつも思ってしまいます。
もちろん、私も息子は息子で大事な存在でかわいいです。
けれど、娘はまた特別なんです。
娘が生まれるまで、何度も流産の危険があり入院していました。
娘がお腹の中にいる間は、本当に「何とか無事に産まれてきて欲しい」と不安な毎日でした。それでも無事に産まれた娘。
そして、安心したのも束の間。
今度はミルクを飲まない。離乳食は食べない。当然体重は増えない。
小学校に入るまで肺炎やら何やら病気ばかりで何度も何度も入院。
小児病棟の常連になっていました。
我が家は身体の弱い娘中心に動いていたような気がします。
当然のように「ワガママ娘」確定です。
ワガママ娘も年齢と共に病気も少なくなり、
小〇生の頃には病気がちだったのが嘘のように元気になりました。
残念ながら、ワガママだけはエスカレートするばかりでしたが。

そんな娘も高校を卒業して就職すると同時に一人暮らしを始めました。
実は私は学生時代アルバイトどころか、社会人になってからは一人暮らしをした事がなく、「社会」と言うものを全く知らずに過ごしたので、子供達にはアルバイトも一人暮らしも勧めました。
家を出て行かれるのは寂しかったですが・・
末っ子で、甘えん坊で、ワガママな娘が果たして「一人暮らし」なんてできるのか?と
心配でしたが、そんな心配は無用でした。
仕事に遊びに大いに楽しんでいるようです。
その娘が明日から札幌に遊びに来ます。
娘がいる間の予定はバッチリです。
娘のワガママに振り回されそうですが、
親娘水入らず、夏休みを楽しみたいと思います。

今日は七夕。
短冊に願い事を書くとしたらどんな願いを書きますか?
今夜、無事に「織姫さま」と「彦星さま」が再会できますように。
そして、
皆さまの願いも叶いますように。

天候が悪い日が続きます。
体調を崩すことのないようお気をつけてお過ごしください。
今回も彩羽の私想手記を最後までお読み頂きありがとうございました。

〜彩羽〜

続きを読む »


こんにちは。彩羽です。
6月も残りわずかとなりました。
今月はスタートから暑い日が続き
いよいよ「夏本番」となる・・・と思いきや見事期待を裏切り、日中は暑く感じても朝夕は肌寒く、
私は未だにこたつを出したまま。
特に夜は肌寒く感じてついついこたつに入っています。
関東や関西では夏真っ盛り。
連日猛暑日が続いているようで、
友人からの「暑くて歩けない」「暑くて眠れへん」のメールの返信に
「コート着て歩いてるよ」「肌寒いからこたつに入ってた」と私だけ春のまま取り残されたって感じで、更に孤独感が増している今日です。
「早く暑くなれ〜!」
・・・と夏が待ち遠しい私です。

皆さんは、何か目標や夢はありますか?
子供の頃は「学校の先生になりたい」とか「野球選手になりたい」とか皆さん色んな夢を持ち、目標を立てたりしたと思います。
残念ながら私の子供の頃の夢は叶うことはありませんでした。
(だって私の夢は「お姫様」でしたから(笑))
今行われているサッカーワールドカップの日本代表の選手達は見事夢が叶ってサッカー選手になり、日の丸を背負って戦っていますが
ここに至るまで、人並み以上の努力・持って生まれた才能・運をフル活用して掴み取ったものなのだと思います。
本当に凄い事だと思います。ワールドカップのピッチの上に立つ選手をみてどんなに嬉しく誇らしい事だろう?と思いました。
日本代表の試合を観ていて「私は一体何をやってるんだろう?」ふと、思いました。
私は今年初めにある一つの目標を立てました。
けれど、それはただ漠然としたもので、
その目標の為に、これからどうしたらいいか?・・・と具体的に考えてはいませんでした。
それが今になって
毎日「どうしよう?」「このままじゃ無理だ」と不安と焦りになり私にのしかかってきました。
「ダメだ!ダメだ!」と負のエネルギーが勝っている時は負のエネルギーしか巡って来ず、自分でそう思い込んでしまうから、余計にうまくいかない。まさに悪循環。
今年も半分が過ぎてしまいますが、
私はもう一度、自分自身を振り返り、新年に立てた目標をリセット、修正する事にしました。
漠然としたものではなく、「できる、できない」に拘らず私が「したい事」を書き出し、それをまとめました。
そうしてみたら、三つの事にまとまりました。
私はそれを「三本の柱」とし、それぞれの柱を中心にどうしたらその柱を支え、立派に立てられるか?を考えました。
そんな事をしているうちに、私のモヤモヤした気持ちに光が差し見えてきたんです(笑)
「不安」が強かったり「焦り」があったりするのは、きっと私の性分。
今更、全て取り除く事はできないと思いますが、
これから、もしまた「不安」になったり「焦り」があったりした時は、
「三本の柱」を思う事にします。
その柱が見事、立派に立った時こそ私の目標の達成。
その先もまだまだありますが、先に進む為の柱でもあるので、何があっても絶対に倒れない丈夫な柱を立てていきたいと思います。
立ち止まっていても時間は止まってはくれません。
楽しみを見つけながら、また迷いながらも前に進みます。
そして近い将来、私の持っている「ブリキの羽」を広げ蒼い海を渡って行きたいと思います。


それにしても、
我が家の「こたつ」はいつ片付けられるのかなぁ〜?
今朝だったかな?朝の情報番組で(ビーチの名前は忘れてしまいましたが、)小樽のビーチで「海開き」と言っていました。
「こんなに寒いのに!」とビックリしました。流石に海水浴は早すぎますね。
まだまだ肌寒い日があったりしていますが、
季節は確実に夏に向かって動いていますね。
皆さんも北海道の短い夏を大いに楽しんでお過ごしくださいね。
そして、サッカーワールドカップも日本代表は見事決勝トーナメントに進出を決めました。まだまだ日本の戦いは続きます。寝不足で体調を崩さないように。応援していきましょう。
では、季節の変わり目、くれぐれもご無理なさらずご自愛ください。

今回も彩羽の私想手記を
最後までお読み頂きありがとうございました。

〜彩羽〜

続きを読む »


〜彩羽私想手記〜

こんにちは。彩羽です。
六月に入り真夏のような暑さになり、これから暑くなると思いきや急に気温が下がり寒くなったり、まだまだ「夏」はやってきてくれませんね。
そんな中、札幌では「YOSAKOIソーラン祭り」が行われ、札幌の街は一際賑やかになりました。
お祭り最終日、お天気も良いしお散歩がてら大通り公園まで行って来ました。
色とりどり、煌びやかな衣装を身につけた踊り子さんは皆、生き生きと輝いて見えました。
そんな中、札幌の某大学のチームが通りで踊っているのを見ました。
すると、途中で男子学生が突然衣装を脱ぎ「ふんどし姿」に!
その瞬間、観客の皆から拍手と歓声が上がりました。
私は咄嗟にバックから携帯を取り出し、
写真を撮ってしまいました。
決して、若い学生が好きなわけでもお尻が好きなわけでもなく・・・
「写メ撮らなければ!」とついつい本能で(笑)
とても楽しい休日を過ごして来ました。
心の中のモヤモヤが少し薄れたようでした。

皆さんは何か「楽しみ」を持っていますか?
最近私は目に見えない何かに焦っていました。
「〇〇しなければならない」「△△でなくてはならない」と自分自身の考えに縛られていました。
本当はもっと楽しく毎日を過ごして良い筈なのに、それさえもいけない事だと感じることもありました。
楽しい時間を得る機会があって、その時は何も考える事もせず、目一杯楽しもうと思い、野球を観に行ったり、お笑いを観に行ったり、友人と会いその時は本当に楽しい時間を過ごしていますが、
ふとした瞬間に「自分はこんな事をしていていいの?」と思ってしまうのです。
誰にでも多かれ少なかれ「不安」という物があると思いますが、
私の場合、楽しい時間を過ごした後には必ず色んな迷いや焦りが生まれてきてしまい、それが「不安」となって戻ってきます。

いつも手記では
「明るく」「前向きに」と綴って来ましたが
まだまだ気持ちの切り替えが上手にできていない感じです。
親のために、子供たちのために・・・
いつもそんな思いがあり、自分自身のことは後回しになっていたかもしれません。
子供はとっくに親離れし、それぞれの人生を歩んでいるのに、わたしがまだまだ子離れ出来ていないのかなw
他の人よりちょっとだけ早く結婚し、子供を持ち、同年代の友達たちが青春を謳歌している時に、私は毎日家事をこなし子育てをして来ました。お洒落なんてする暇もなし。
いつもジーンズにスニーカーを履いて走り回っていたような気がします。
大変な事はたくさんありましたが、
私なりに精一杯愛情を注ぎ育ててきました。
その甲斐あってか?子供達はそれぞれ独立し、今は自分の道を歩んでくれています。
だから、本当はこれからは私だって楽しんでいい。
他の人が若い頃青春を謳歌したように。
今がわたしの青春。思いっきり人生を楽しみたい。
よさこいの学生の笑顔、生き生きとした力強いパワー、私と同年代、更には年配の方が元気に踊っている姿を見て思いました。

「年齢を考えたら・・」なんて言われたりしてかなり落ち込んだりした事もあるけれど(かなりの勢いで気分が急降下しちゃった^^;)
でも、そう言う人には「だから何?」って心の中で言えばいい。
年齢なんて気にしない気にしない(笑)
そうそう若い子の肌には負ける。体力だって負けるに決まってる。目の下に刻まれたシワはわたしが生きてきた証。

これからはもっともっと堂々と羽ばたこう。
冬の間、しっかり閉じて休ませた羽根を
今広げよう。
私が持っている羽はひらひら蝶のような柔な羽根なんかじゃない。
どんな事でも乗り越えられる、強いブリキの羽根なんだから。
少し(かなり?)遅くきた青春だけれど。。。
楽しみながら目標に向かって飛び続けて行こうと思う。

札幌は「YOSAKOI祭り」が終わり、これから「北海道神宮祭」「ビアガーデン」に「すすきの祭り」・・・とイベントが続きますね。
皆さんも時には羽根を広げて、
思いっきり楽しんでくださいね。
そして、疲れた時には「すき妻」に羽根を休ませにいらしてください。
彩羽が優しく癒して差し上げます。
初夏から夏に向けての季節の変わり目です。
くれぐれも無理などなさらないようご自愛ください。

今回も彩羽の拙い私想手記に最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

〜彩羽〜

続きを読む »


 | ホーム |  次のページ»»