ふと、思い出しました。

忘れもしない
高校時代の修学旅行。。
京都へ行った時の出来事。

嵐山へ向かうバスの中が
突然、ざわつき始めました。
左側に座っていた生徒は
みんな、窓の外を見始め…
「何?何?」と私も窓へ…
そこには、衝撃映像が。。
バスの横に停まっていた
車内で、下半身丸出しの
中年男性が、こちらを見ていて。。
バスの中は大パニックに。
女子高生全員が、バスの左側に集合
右側には運転手だけ状態に。
誰一人、目を背ける人は居ず
もちろん
私もしっかり見ましたょ(^w^
誰かが「嵐山っぽくない?」
と言ったものだから
せっかくの嵐山は=陰毛
みたいな事になってしまい…
散々な想い出となりました。

あれから○十年…

『嵐山は…素敵です。』

続きを読む »


先日
大変お世話になった方が亡くなりました。
1年ほど前から家族ぐるみで仲良くさせて頂いた方。

たまにしかお会い出来なかったのですが、
いつも『待ってたよぉ。』と
笑顔でむかえてくれて…
ここ最近
みるみる体調が悪くなり
会話は出来ないけど
会いに行くと目を大きく開け
ニッコリ笑顔を見せてくれ…

でも、急でした。。。

こんな私をも
いつも家族のように迎えてくれる温かい方で。
ただ…居てくれるだけで
私の居場所があるような
大きな大きな存在でした。


「花は、腹がいっぱいにならないから…(^^)」
と言っていたので。。
お仏壇には、大好きだった
つぶ餡の串団子を持って行こうと思います。
串団子は…
ちょっとだけお供えして
後は。。。
奥様と二人で美味しく
頂きますょ(^-^)
どんなお話が飛び出ることやら。。。


『ゆっくり休んで下さいね。それから。。。
いっぱい、いっぱい
ありがとうございました。
私もこれから負けないくらい、
笑顔です。』

82BE82F182B297B182A082F1.jpg

続きを読む »


寒かったので♪
おでんを作りました。
寒い理由は、後付けで…
TVで、プチトマトを豚バラで
巻いたモノをおでんに入れていて♪
さっそく試したくて…。
見た目は、赤が入ったおかげで華やかに出来上がりました。
なのに…
残りました。
トマトの豚バラ巻き…。
正確には
豚バラはペロリと食べられ
ふにゃりとしたトマトだけが
残った状態に。
家族の理由は
『普通でいい。普通がいい。
普通のおでんが食べたかった。』

正直…作った私も
トマトは2つ食べたのみ。
内心、私も同じ感想。
やっぱり…
大根、卵が美味しかった(^-^;

その日は
残念な夕食となりました。

なんだでしょう…
何だか悔しいから…
「おでんが食べたい!」と
言ってくるまで、しばらくは
作らないでおこうと思います
(^w^)

続きを読む »


「俺に何かあったら…
この家に逃げて来るから。」
いつも遊びに来る息子の友達が突然言いました。
何かあったのでしょうか。。
私は、夕食の準備をしながら
「大丈夫かな?」と心配に…
その彼は
「お前の家、おやつにサラミ出てくるし!ポテトも旨いし!すげ~良いよなぁ(^^)」
というのが
『逃げて来る理由』らしい。
男の子らしいな…と一安心
息子も笑いながら
「いつでも来なよ(^^)」と。
私も心の中で
『いつでもおいで(^-^)』
と温かい気持ちに。
我が息子は…
何かあった時の『逃げ場』は
ちゃんと決めているのかな…
と思いながら
しんどくなった時に
頼れるところがあるだけで
それだけで
救われます。。
私も…
『何かあった時は。。』
取り敢えず…
今のところ
大丈夫です(*´-`)

続きを読む »


『41歳、叱られました…(..)』

ついつい最近の出来事。
飲み会があり
日付が代わりタクシーで
帰宅した時の事…
運転手さんが、突然
「お姉ちゃん…どんだけ
飲んだの?お父さん悲しむよ。」と…お説教が始まりました。
私は、お酒が弱いので
注文するのはいつもお茶。
もちろんその日も…
「飲んでません。」と言えば
いいものを、逆に酔っ払いの
言い訳にしか聞こえないのでは。。。
考え抜いた末…
なりきりました。
酔っ払いに。。。
運転手さんは、目的地到着
まで…こんこんとお説教。
『冤罪だわぁ…』と内心思う
しらふの私。。
でも…
不愉快な気分ではなく
この空間がくすぐったくて
ニヤニヤしてしまう私…
『これか…私のにやけ顔』
酔っ払いに間違われる原因は
と自分なりに分析しながら…

やっと目的地へ。
お金をきっちり支払い
足どりしっかり
逃げるように帰りました…

改めて
人は見た目じゃないのです。
と…願いたい41歳。

不思議な不思議な出来事
でした。。

続きを読む »


 | ホーム |  次のページ»»