男はつらいよ

久しぶりに
『男はつらいよ』を観ました。
そういえば…
子ども頃、『寅さん』好きの父がよく観ていたのを思い出しました。
旅人寅さんが、マドンナと出逢い恋をする。上手くいきそうで…失恋する、いつもワンパターンな内容ですが…
面白くて、私も大好きでした。
普段は厳しい父も
『男はつらいよ』を観る時は
顔をくしゃくしゃにして笑っていたり…
時には、寅さんと一緒にこっそり泣いていたりして…
いろいろな事から解放された
父を見るのが、好きだったのかもしれません♪


すき妻に来てくださる
お客様も。。。
いろいろな事から解放されて
過ごして頂けたら。。
そう…思います(*´-`)


私のお気に入りの
寅さんのセリフ。。。

『生まれてきてよかった
そう思うことが
何べんあるだろう。
そのために人間は
生きているんじゃねえか。』

続きを読む »


『2018年の初笑い』
と、言っても。。
いつも何かしら笑っている
私なので…
どれが『初笑い』だったか…
覚えていませんが。。。
何だかいいなぁ。。と
おもわず笑った出来事が。

某コーヒー店で、友達と順番待ちをしていた時の事。
すぐ後ろに高校生ぐらいの男の子が二人。
大体がメニューを見ながら待つなか
男の子二人は、別の方に眼を。。。
「俺、一番左。」
「俺は、後ろの髪短い方。」
どうやら女性店員さんの中で
どれがタイプか話しているらしく…
どちらかというと『雄な私』も口には出さないけれど…
『私は、一番右だな(^-^)』
と…こっそり参加。
私の一押し店員さんは、
髪が長めの大人な美人さん♪
そのうち、一人が私の一押し店員さんを見つけ
「超~やべぇ。」と一言。
もう一人も「おぉぉ。」と。
三人一致で、タイプの店員さんが決定。
本当に、うっとりしてしまう
品のある美人さんでした♪
なんだか…勝手に…
仲間意識が高まり
一人喜ぶ。。。41歳。

そのうち一人が
「みんな~ペチってるねぇ♪」と、一言。
『何だろ…(._.)ペチって…』
年の差を感じた瞬間。。

私と一緒にいた友達が
教えてくれました。
「みんな、フラペチーノ注文してるね♪」
という意味らしいです。

若いって。。
良いもんですね♪
いつもの温かいコーヒーも
いつも以上に美味しく感じた
お正月の出来事でした。

続きを読む »


『良いお年を。。(*´-`)』

今月に入ってから
お客様との別れ際、よく言うように。。
あと何日か過ぎれば
新年を迎え…いつもの生活が
来るのですが。。
『今年も、ありがとうございます。』
という気持ちに。

他人には言えない
秘密の繋がりですけど
私は
お客様との『繋がり』が
好きです(*´-`)

父親目線で、子育てのアドバイスをして下さるお客様。

ガーターの付け方が分からない私に、親切に教えて下さったお客様。
(でも、やっぱり今だに…
付けられません(._.))

美味しいお店をいつも教えて下さるお客様。


いつもお客様の優しさ
素敵な笑顔に
救われていました♪
2018年も
相変わらずの春子で
出勤致します。


今年一年
大切なお時間を.:*:・'°☆
ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

続きを読む »


LINEが、 誤送信を削除出来るようになったとか。。
LINEは、便利♪
私も活用しています。
手軽に済ませる時代になったけど…
気が付いたら
長電話をする相手が減ったような。。

昨夜、友達から連絡があって♪
久しぶりに一時間以上長電話しました。
会おうと思えば、すく会えるのに。。。
衝撃的な報告がある訳でもないのに。。。
だらだらまったりしながら
テレビを観つつ、その時頭に浮かんだ事を話して…
最後には「また、ご飯行こうね♪」
と、お決まりの挨拶で電話を切りました。
楽しかったぁ…(*´-`)



『誰かと繋がっていられる事』
大切に大切にしたいなぁ♪

そう…思います(*´-`)

続きを読む »


『家、ついて行ってイイですか?』
この番組が大好きです。

前回も、心打たれました。
いろいろな人がいて
いろいろな人生があって
みんな、現実を受け入れて
ちゃんと生きている。。
とても素敵な笑顔で。
きっと…そうなるまでに
長い長い暗闇を通って来たんでしょうね。
人生普通に
『信じられない』と
世間で思われてしまう事が
降りかかる人には降りかかり
それでも、生きなきゃいけなくて。。。

『凄いな。強いな。』
ただ、ただ感動でした。
何より
テレビに登場した皆さんが
『私…可哀想でしょ?』
なんて顔で生きていなくて…

それが…響きました。


私の人生、まだまだ甘いな…と痛感。
『すき妻・春子』
大尻叩いて( ^-^)ノ"
今と変わらず進み続けます。

と…
いつも気持ちは盛り上がる
ダメダメ人間です。。(´O`)°゜

続きを読む »


 | ホーム |  次のページ»»