今年の梅仕事

こんにちは、冨士子です。

今年もやってきました、梅の季節。

毎年同じことを書いているので、つまらないかもしれませんが、

私は梅を保存するのが大好きです。

今年も張り切って、「梅仕事始め」をしました。

まずは、腕慣らしに南高梅1キロを梅干し用に漬けまして、

その後、美味しそうな梅を見つけてはちょこちょこと買い足し、
ジャムにしたり、
塩と砂糖と赤紫蘇で甘くてしょっぱい梅にしたり、
らっきょう酢に漬けたり(市販のはちみつ梅みたいになります)
梅酒を仕込んだり…
もう梅欲が止まりません!!

7月中旬頃から、豊後梅という品種が市場に出回るともっと本気を出して5キロ~10キロ仕込みます。

友達や親戚に配ると喜ばれるんですよ。

二十歳から梅仕事を始め、20年以上たって経験を積んだ今、やっと梅のことがわかり始めて来たような気がします。

もうここまで来たら、
将来は、あのおばあちゃんは梅名人と呼ばれたくて、今日もせっせと漬けるのです。


…色気のない話で失礼しました(^^;)

暑い日が続きますのでお身体大切になさってくださいね。

冨士子 手記

ブーム



こんにちは!

2月は一度も更新出なかったので、今月こそはマメにアップしますね。

先日、旅行に行ってきたことを題材にしようと思いましたが、全然すすまないのでいつものようにお酒のこと書きますね。

もう1ヶ月位前から芋焼酎にはまってしまいました。
今年に入ってからカイロを下着に貼ったり、生姜紅茶を飲んだりして、体を冷やさないようにつとめてたので、
アルコールも冷たいものは控えて焼酎のお湯割りにしてみたら、これが美味しかったんですね。
冨士子の中では、20代後半に初めての芋焼酎ブームが来て、今回3~4回目のブームになりますが、いつもロックで飲んでいたので、
お湯割りや前割りのお燗がこんなにおいしいとは!
って、新鮮な気持ちです。

二日酔いもしないので、
毎日飲めてしまい、飲酒量が増えてしまうのが唯一の欠点だと思っています。

芋焼酎の世界を知りたくて、この次は九州に行って蒸留所を見学したり本場の飲食店で焼酎を飲んでみたい。
お燗する黒じょかもほしいなぁ。

芋焼酎や鹿児島県にお詳しい方、おすすめの焼酎やお店をを教えてください~。


では、また、近々。

まだまだ夜は冷え込みますので、風邪引かないようにお気をつけくださいね。

続きを読む »


冨士子 手記

こんにちは。

新年早々働きまくっていまして、気づけば1月も半ば…

一応、自分なりに地味~な今年の目標をたてていました^ ^

それは、

毎日お味噌汁を飲んで^
体をあたためて^ ^
早寝早起きしてついでに毎朝神宮までお散歩^ ^
中国語、英語、パワーポイントを習おう^ ^

去年のフランス語の試験は落ちてしまいました( ; ; )
ので、フランス語ものんびりやりつつ。

何事にもせっかちでのめり込んでしまう性格なので、ゆっくり、無理せず、嫌なことはしない、
を心がけて暮らします。

そして、週1~2回はすき妻に出てきたいと思いますので、気が向いたらお誘いくださいね^ ^

のんびりと10年選手目指します、なんちゃって。

今年もよろしくお願いいたします!!

続きを読む »



こんにちは!

2016年も間もなく終わりますね。

今年もあっという間に過ぎた感がありますが、冨士子的にはとても充実した日々でした。

仕事もプライベートもすき妻も精いっぱい動くことが出来ましたので、
来年はもっと良く働いて、もっと楽しく生きよう!
と、2017年が楽しみでなりません^ ^


みなさまはいかがでしたか?

お会いするたびに沢山のエネルギーをいただきましたこと、大変感謝しております。

すき妻に出勤する日を、誰よりも楽しみに日々暮らしているのは、何を隠そうこの冨士子でございます^ ^

5年も居座って申し訳ありませんが、図々しくも10年選手を目指しています。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えくださいませ。








続きを読む »


今月いっぱい

こんにちは。

秋もすっかり深まりました。

春だけじゃなく、秋もお別れの季節なんですね。

冨士子は、先日、フランス語の先生とお別れしました( ; ; )
転勤です( ; ; )


そして、冨士子自身にも環境の変化があり、それに伴い、すき妻への勤務も変わる予定です。

平日の夜に出勤できるのは今月が最後になります。

以前にも書かせていただきましたが、夜にしかお会いできない方にまたお会いしたくてお知らせさせていただきました。

10月、残すところ2週間ほどですが、どうぞよろしくお願いいたしますね^ ^

もうすぐ雪が降りそうですので、あたたかくしてお過ごしください。

冨士子

続きを読む »


 | ホーム |  次のページ»»