一昨日の夜、三日月を見て思わず写メしようかと思いましたが、ガラケーでは遠すぎて断念しました(汗)
夜空の星…昔から見るの好きだったなって思い返しましたが、昔はあんなに星が見え、夏の大三角形を探したりしたけど、札幌だからなのか?山や海に行けば見えるのかな?って、ちょっと寂しくなったりして…☆

夜空で浮かぶ曲は、ドリカムの『あの夏の花火』←カラオケでよく歌います、大塚愛『プラネタリウム』等を連想しますが、夏の夜空の曲ってどうしてこんなに物悲しいんだろう…って気づきました☆
そこでやはり、究極な曲と言えば、いまだに名曲な『上を向いて歩こう』だと思います☆


『上を向いて歩こう』

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
思い出す 春の日
一人ぽっちの夜

上を向いて歩こう
にじんだ星をかぞえて
思い出す 夏の日
一人ぽっちの夜

幸せは雲の上に
幸せは空の上に

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
泣きながら歩く
一人ぽっちの夜

思い出す秋の日
一人ぽっちの夜

悲しみは星のかげに
悲しみは月のかげに

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
泣きながら歩く
一人ぽっちの夜
一人ぽっちの夜
上を向いて歩こう……


改めて、この歌詞を書いたのは永六輔さんだったんですね…☆
染々しますね☆

思えば多分、私は流れ星って見た記憶がないと思う……もし見たら何を願うかな…一瞬だから、あわわってなって願いそこねる気がします(苦笑)


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

実咲

続きを読む »


改めましてGW、すき妻令和記念イベントと共に、私の令和スペシャル出勤2日~6日までの期間、実咲をご指名お誘いしていただいた会員様、ご新規様心より感謝します!
ありがとうございました!

実はこのスペシャル出勤にはちょっとした意味がありました。
平成最後の日は、父の命日だったんで供養した後に、私の今後を左右する一大事だったのですが…『喜怒哀楽』全ての感情がありつつも、平成が終わろうとしてた頃には、私の胸中は……切なく、苦しく、虚しく、涙で霞んだ終幕でした…。
時は令和を迎え、世間も街も賑わってる中、私はもぬけの殻状態でした…が、私はすき妻令和記念イベントと共に、皆さまと共にして、会員様ご新規様との今まで以上の情熱、包容、求愛などを表現できたと思いますし、また実咲の相談にアドバイスをしていただいた会員様、本当にありがとうございました。

実咲に元気の水を与えてもらい、活力ともなり、おかげさまでスペシャル出勤を終えた今、吹っ切れて半ば清々しい自分がいます。
また改めて、すき妻に携わってて良かったと思えました。
皆さまに感謝感謝です!

そして、この場を借りて一言伝えたい……もう直ぐで、すき妻を卒業するIさん☆
実咲とは昨日でお逢いするのが最後でしたが、Iさんとは私は感極まって涙したり、Iさんは素敵なお姉さんのような方だなと思ってました☆
Iさんの謙虚さや、儚さ、実咲も見習って今後も頑張って行きたいと思ってます☆
Iさんの札幌での3年間…きっと名前のように、彩り豊かでキラキラ輝いた日々だったのかなって勝手ながら思ってます。
故郷に戻られたら、心身共に穏やかで、いつまでも美しいIさんでと願ってます☆
短い間でしたが、本当にありがとうございました!
あ!私も昔は強力若本?若元?が好きで、何でもないのにポリポリ食べてましたよ(笑)


今回も、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

実咲

続きを読む »


西洋医学とは、いわゆる病院で検査やレントゲン等で、"原因"を探り見つけだす事です。

東洋医学とは、病院では原因が分からない、自律神経の乱れ等を改善するのが漢方だそうです。

昨年の今頃、私はまさに突然変異で"血尿"が出ると言う騒ぎになり、この頃東京の姉家の姑さんが病気だったのもあり医学の本を見たり、泌尿器科に行ったり、CT検査もしましたが、異変は特に見つからず一応、血尿を止める薬はもらいましたが、漢方が気になったので、相談してみました。
すると、やはり女性の場合は特に、季節の変わり目、自律神経の乱れによりありとあらゆる症状が出るらしく、『春夏秋冬』季節によっても、症状は変わるらしいです。
漢方は、薬もありますが、お手軽にお茶もあり(ご存知の方もいるとは思いますが)私はお薦めでお茶を買って飲み、病院の薬も飲んで何とか事なきを得ました。

ちなみに、東京にいる娘もこの頃、かなり虚弱対質で、細いので栄養を補う一番高い漢方の薬を買って送ってあげました。
やはり、健康第一ですしね!

一方、病院の先生に漢方の話しをしたところで、東洋医学は聞く耳持たずで、受け入れてはくれませんでした。
考え方が全く違いますからね…。

もし、女性の方もお仕事忙しい男性の方も、気になるようでしたら、親身に相談にのってくれますので、お薦めします!

『日本堂漢方ブティック』 
大通ビッセ3階です☆


最後まで、読んでいただきありがとうございました。

実咲

続きを読む »


4月に入って、だいぶ春めいて来ましたね♪
既に初夏を感じる

今回は実咲がいつ蔵出ししようかと、温存してた本好き実咲が、春にお薦めなちょっと切ない本と、興味深いかな⁉と思ってくれる本を紹介したいと思います(^-^)/

『桜のような僕の恋人』宇山佳祐
(集英社文庫) 
今から約2年半?ほど前に私が読んだ本です。
彼女の美咲(たまたま娘と同じ名前)と付き合いだして、序盤は初々しくもキュンとなる恋愛模様の中、ある日突然美咲は、人より数倍の早さで年老いて死に至るという病に侵されてしまうのですが、美咲は必至でその姿を隠しながら付き合って行くのでずか……周りの家族だったり優しさもまた切なく、そして物語は進んで、いよいよ美咲はおばあちゃんになってしまい……死んでしまいます。
彼にはそっと手紙を書いてました…。
その手紙は…私が本を読んでこんなに号泣した事がないってぐらいに、切なくて哀しくて本当に胸が痛くなるぐらいでした。
読み終えた感想は、どんな状況でも夢を諦めないで‼って思いました。

『府中三億円事件を計画実行したのは私です。』白田
(ポプラ社)
今年に入って見つけて直ぐに読破した、あの白バイの指名手配犯が書いたと思われる本です。
春にお薦めと言うよりは、読んでみてどう感じたか?と問いたい本です。
本自体は、実行までのいきさつや、その時の状況が描かれてて、私は率直にそうだったんだ……と思いました。
でも、私想手記に書こうと思いレビュー(読んだ人の感想)を読んでみました。
☆4~5は私と同じように、率直に受け止めてる⁉って感じでしたが、☆1の辛口レビューは俯瞰で見てて、言われてみるとたしかに‼と思う事が多く、何より私がえっ…嘘…と絶句した事がありました。
ヒントは本の最後に、書いてある言葉です。
私は知りませんでした。あえて知ってて読むか、知らずに読むかで受け止め方もそれぞれかと思いますが…。
本自体は、切ないです。

実咲の独断と偏見ですが、興味ある方は是非どうぞ♪

そして、今年度の本屋大賞の授賞本ですが案外読まない方ですが、
『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ
(文藝春秋)
『火のないところに煙は』芹沢央
(新潮社)

すき妻入店した2月末から、すっかり本を読む時間がなくなってましたが、この2冊は興味あり面白そうなので、読んでみよっかなと思ってます!

ではでは、今回もまた長々となってしまいましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました!

実咲

続きを読む »


いよいよ新元号が『令和』に決まりましたね‼
本日のお題はちょうど『令和のイメージは?』だったみたいですが、私もドキドキしながら発表された瞬間は、ん…⁉と言う感じでしたが、安倍総理の説明を聞いて、昭和生まれの私たちにと言うより、現代の平成の子たちに向けたメッセージや想いがあったり、また『令月』も始まりだったり、梅の季節を現してたりして、意味を知ると素敵だな…と思いました(*´-`)
誰しもがまさか『ら行』になるとは思ってなかったですよね…
でも改めて、安倍総理‼
俯瞰で見てましたが、説明の説得力に、暗記力、ワードセンス(世界にひとつだけの花を交える等)に脱帽と、そして改めて日本の総理として指示でき、我が国を率先する総理だと思いました☆

発表されてから、『令和』に着目されたり、平成を振り返ったりしてますが、私は昨夜からもう本当に、平成の時代が残り1ヶ月で幕を閉じるんだな…と思い、より一層1日1日、平成で今日と言う日は今日しかないんだ……前回の私想手記でも書きましたが、イチローさんの『一瞬一瞬を大切に…』しようと思う4月です。

近年、SMAP引退や安室ちゃん引退の時も、カウントダウンで日に日に寂しさや、悲しさ等があったと思いますが、平成最後は日本国民みんな各々に関わる事ですし、想いもそれぞれですよね…
昭和~平成の時は、10代で私にとっては人生の分岐点でした。
あの時、変えてたら私は現在どうなってただろう……と、たまに思う事があります。

っと、話しは反れましたが『令和』まで残り1ヶ月弱、悔いのない毎日を過ごせたらと思っています……。

また長々となってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました‼

実咲

続きを読む »


 | ホーム |  次のページ»»